FXで何やっても勝てなくて、やったコト

加重移動平均で平滑化したTEMAを表示するMT4インジケーター「TEMa-RV」

更新日時:2019年08月22日 08:54

TEMa-RVスクリーンショット


「TEMa-RV」は、TEMAベースの移動平均線を表示するインジケーターで、Ronald Verwer・ROVERCOMによって開発されました。


通常TEMAは、3重に指数平滑化した移動平均線をもとに算出されますが、「TEMa-RV」の算出には線形加重移動平均線が用いられます。


また、「TEMa-RV」ではTEMA算出後、さらに平滑化を行う点も通常のTEMAとは異なります。


TEMa-RVを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

TEMa-RVのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


TEMa-RV

↓↓↓↓↓インジケーターの導入手順が分からない方は↓↓↓↓↓

MT4のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT4でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法

これでTEMa-RVが表示されました。


TEMa-RVのパラメーター解説


TEMa-RVパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


「TEMa-RV」のパラメーターは、適用価格を設定する項目、各平滑化期間を設定する項目で構成されています。


Apply_To_Price

適用価格

TeMA_Method

平滑化方法

TeMA_FirstPeriod

1次平滑化期間

TeMA_SecondPeriod

2次平滑化期間

TeMA_ThirdPeriod

3次平滑化期間

TeMA_SmoothingPeriod

TeMA平滑化期間


適用価格は0から6の番号で指定する必要があり、0が終値、1が始値、2が高値、3が安値、4が中間値、5がTP、6が(高値+安値+終値×2)/4になります。


平滑化方法も同様で、0が単純移動平均、1が指数平滑移動平均、2が平滑移動平均、3が線形加重移動平均になります。


特殊な移動平均線を描写できますので、実験的な移動平均線を試してみたいという方に、向いているインジケーターです。

XMはMT4から直接取引できます XMはMT4から直接取引できます

関連記事