FXで何やっても勝てなくて、やったコト

3つの移動平均線をもとに算出したMACDを表示するMT4インジケーター「RangeBoundMA」

更新日時:2021年09月02日 22:21

RangeBoundMAスクリーンショット


MACDのノイズに悩まされた経験はないでしょうか。


「RangeBoundMA」は、ノイズの少ないMACDを表示するインジケーターで、次のような方に向いています。


  1. MACDのノイズに悩まされている方

  2. トレンドの方向を分析したい方


この記事では「RangeBoundMA」について詳しく解説します。


  1. RangeBoundMAの概要
  2. RangeBoundMAを表示する方法
  3. RangeBoundMAのパラメーター解説
  4. まとめ

RangeBoundMAの概要


「RangeBoundMA」を起動すると、サブウィンドウ上に黄色いラインが表示されます。


一般的なMACDは、短期指数平滑移動平均線と長期指数平滑移動平均線の差を算出したものです。


「RangeBoundMA」では、短期と長期に加え、中期移動平均線も算出に用いられます。


また、「RangeBoundMA」では指数平滑移動平均ではなく、単純移動平均を使用。


短期SMA>中期SMAかつ中期SMA>長期SMA場合は、短期SMAと長期SMAの差を算出します。


短期SMA>長期SMAかつ長期SMA>中期SMA場合は、短期SMAと中期SMAの差を算出。


各移動平均線の差を算出し、もっとも大きな値をMACDとして表示します。


通常のMACDと比較すると、滑らかな曲線を描写するため、ノイズが少ない傾向にあります。


ただし「RangeBoundMA」では、MACDシグナルが表示されないため、エントリーのタイミングを分析することはできません。


RangeBoundMAを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

RangeBoundMAのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


RangeBoundMA


MT4のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT4でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


RangeBoundMAのパラメーター解説


RangeBoundMAパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


入力項目 入力内容

FastSMA

短期移動平均の期間


初期値:38


短期移動平均の算出期間を設定します。

MidSMA

中期移動平均の期間


初期値:140


中期移動平均の算出期間を設定します。

SlowSMA

長期移動平均の期間


初期値:210


長期移動平均の算出期間を設定します。

SignalSMA

シグナル平滑化期間


初期値:9


無効なパラメーターです。


「FastSMA」「MidSMA」「SlowSMA」は、それぞれの単純移動平均の算出期間を設定するための項目です。


設定した値に応じて、インジケーターの反応速度が変化します。


「SignalSMA」は、MACDのシグナル平滑化期間も設定するための項目です。


しかし、「RangeBoundMA」ではMACDシグナルは省略されているため、値を変更してもインジケーターの動作に影響はありません。


まとめ


「RangeBoundMA」について解説してきましたが、ポイントをまとめると以下のようになります。


  1. MACDをベースにしている。

  2. 一般的なMACDが指数平滑移動平均で算出されるのに対し、「RangeBoundMA」では単純移動平均を使用

  3. 短期と中期、長期移動平均をもとに算出される


「RangeBoundMA」は、ノイズの少ないMACDを探している方に向いているインジケーターです。


ただし、一般的なMACDとは算出方法が異なるので、どの程度うまく機能するのかバックテストを実施した上で使用した方が良いでしょう。

関連記事