FXで何やっても勝てなくて、やったコト

価格差ともとに算出したMACDを表示するMT4インジケーター「Spyker」

更新日時:2020年10月24日 23:55

Spykerスクリーンショット


値動きの勢いを分析できる方法があればと考えたことはないでしょうか。


「Spyker」は、高値と安値をもとにしたMACDを算出するインジケーターで、次のような方に向いています。


  1. 値動きの勢いを分析したい方

  2. 値動きの方向を分析したい方

  3. 値動きが急激に加速したポイントを探している方


以上のような方のためにこの記事では、「Spyker」について解説します。


  1. Spykerの概要
  2. Spykerを表示する方法
  3. Spykerのパラメーター解説
  4. まとめ

Spykerの概要


「Spyker」を起動するとサブウィンドウ上に、グレーのラインと黄色のラインが表示されます。


「Spyker」の算出方法は以下の通りです。


Spyker=終値の「JimmyEMA」期間指数平滑移動-始値の「JimmyEMA」期間指数平滑移動


シグナル=Spykerの「SignalSMA」期間単純移動平均


グレーのラインはSpyker、黄色のラインがシグナルです。


Spykerがシグナルを大きく上回っている場合は、値動きの上昇する勢いが強いことを示しています。


Spykerがシグナルを大きく下回っている場合は、下降する勢いが強いことを示しています。


「Spyker」は、値動きに勢いを表示しているだけなので、エントリー用のシグナルとして使用するのは難しいでしょう。


Spykerを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

Spykerのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


Spyker


MT4のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT4でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


Spykerのパラメーター解説


Spykerパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


「Spyker」のパラメーターは、指数平滑移動平均の算出期間を設定するための項目と、シグナルの平滑化期間を設定するための項目で構成されています。


入力項目 入力内容
JimmyEMA

EMA算出期間


初期値:1


指数平滑移動平均の算出期間を設定します。

SignalSMA

シグナル期間


初期値:375


MACDを平滑化する期間を設定します。


「JimmyEMA」は、指数平滑移動平均の算出期間を設定するための項目です。


算出期間を短く設定した場合インジケーターの反応が速くなり、長く設定した場合は遅くなります。


「SignalSMA」はMACDを平滑化する期間を設定するための項目で、小さな値に設定するほどシグナルの振り幅が大きくなります。


全体的にノイズが多いので、必要に応じて「JimmyEMA」を調整すると良いでしょう。


まとめ


「Spyker」の特徴をまとめると次のようになります。


  1. 高値と安値のMACDを表示。

  2. Spykerがシグナルを大きく上回っている場合は上昇の勢いが強いことを示している。

  3. Spykerがシグナルを大きく下回っている場合は下降の勢いが強いことを示している。


「Spyker」は、値動きの勢いを分析したい方に向いているインジケーターです。


勢いが強くなっている箇所を探している場合などに活用できるでしょう。


前述の通り、エントリーのシグナルとして使用するのは難しいため、使用する際は他のインジケーターと組み合わせて使用しましょう。

関連記事