FXで何やっても勝てなくて、やったコト

ヒストグラムの色でトレンドを示すMACDを表示するMT4インジケータ-「ZZ_YZ_MDAC_ELDER_1-1000」

更新日時:2020年11月05日 0:55

ZZ_YZ_MDAC_ELDER_1-1000スクリーンショット


トレンドの分析に適したオシレーターを試してみたいと考えたことはないでしょうか。


「ZZ_YZ_MDAC_ELDER_1-1000」は以下のような方に向いているインジケーターです。


  1. MACDを使用している方

  2. トレンドを捉えたい方


上記のような方のためにこの記事では、「ZZ_YZ_MDAC_ELDER_1-1000」について解説します。


  1. ZZ_YZ_MDAC_ELDER_1-1000の概要
  2. ZZ_YZ_MDAC_ELDER_1-1000を表示する方法
  3. ZZ_YZ_MDAC_ELDER_1-1000のパラメーター解説
  4. まとめ

ZZ_YZ_MDAC_ELDER_1-1000の概要


「ZZ_YZ_MDAC_ELDER_1-1000」は、トレンドの方向と相場の転換を分析するためのオシレーターで、MACDがベースになっています。


「ZZ_YZ_MDAC_ELDER_1-1000」の見方はMACDとほとんど同じで、MACDラインとシグナルライン、MACDヒストグラムで構成され、MACDラインとシグナルラインのゴールデンクロス/デッドクロスで相場が反転する可能性を示すものです。


MACDラインはラインとしては表示されず、MACDヒストグラムの頂点を結んだラインがMACDラインになります。


ヒストグラムの色は相場が向かっている方向を示しており、緑色のヒストグラムは上昇トレンド、赤色のヒストグラムは下降トレンドを示し、青色のヒストグラムは相場が転換した可能性を示唆しています。


MT4に標準で組み込まれているMACDと異なり、相場の向かっている方向によってMACDヒストグラムの色が変わることから、視覚的にトレンドを確認しやすくなっています。


MACDヒストグラムを使用したダイバージェンスも反転のシグナルとして使用できそうですが、実際のトレードで使用する前に十分に検証した方が良いでしょう。


ZZ_YZ_MDAC_ELDER_1-1000を表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

ZZ_YZ_MDAC_ELDER_1-1000のダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


ZZ_YZ_MDAC_ELDER_1-1000


MT4のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT4でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


ZZ_YZ_MDAC_ELDER_1-1000のパラメーター解説


ZZ_YZ_MDAC_ELDER_1-1000パラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


「ZZ_YZ_MDAC_ELDER_1-1000」のパラメーターは、MACDと同様の項目で構成されています。


入力項目 入力内容

FastMA Period

高速移動平均算出期間


初期値:12


高速指数移動平均の算出期間を設定します。

SlowMA Period

低速移動平均算出期間


初期値:26


低速指数移動平均の算出期間を設定します。

SignalMA peirod

シグナルライン平滑化期間


初期値:9


シグナルラインを平滑化する期間を設定します。


「FastMA Period」と「SlowMA Period」は、高速移動平均と低速移動平均の算出期間を設定するための項目で、値に応じてインジケーターの反応速度が変化します。


「SignalMA peirod」は、シグナルラインの平滑化期間を設定するための項目で、大きな値に設定するほどノイズが少なくなります。


まとめ


「ZZ_YZ_MDAC_ELDER_1-1000」の特徴をまとめると以下の通りです。


  1. MACDヒストグラムの頂点を結んでMACDラインを表示する。

  2. 緑色のヒストグラムは上昇トレンド、赤色のヒストグラムは下降トレンドを示している。

  3. 青色のヒストグラムは相場が転換した可能性を示唆している。


「ZZ_YZ_MDAC_ELDER_1-1000」は、トレンドを捉えたい方に適したインジケーターです。


一般的なMACDとの共通点も多いので、MACDを使ったことがある方であれば、設定などで戸惑うことも少ないでしょう。

関連記事