FXで何やっても勝てなくて、やったコト

トレンドの有無や方向をヒストグラムで表示するMT4インジケーター「svs_trend_v2」

更新日時:2021年05月31日 15:40

svs_trend_v2スクリーンショット


トレンドの方向を分析できるオシレーターがあればと考えたことはないでしょうか。


「svs_trend_v2」は、MACDに似たインジケーターで、次のような方に向いています。


  1. トレンドの方向を分析したい方

  2. トレンドの転換を分析したい方

  3. トレンドの有無を分析したい方


以上のような方のためにこの記事では、「svs_trend_v2」について詳しく解説します。


  1. svs_trend_v2の概要
  2. svs_trend_v2を表示する方法
  3. svs_trend_v2のパラメーター解説
  4. まとめ

svs_trend_v2の概要


「svs_trend_v2」を起動すると、サブウィンドウ上にヒストグラムが表示されます。


ヒストグラムが0より上で推移している場合は、上昇トレンドが発生した可能性を示唆しています。


反対に、ヒストグラムが0より下で推移している場合は、下降トレンドが発生した可能性を示すシグナルです。


「svs_trend_v2」の値が0レベルと交差した場合は、トレンドが転換した可能性を示しています。


MACDと異なる点は、インジケーターの値が必ずしもプラス圏かマイナス圏のどちらかに振れるとは限らない点です。


「svs_trend_v2」では、インジケーターの値がプラス圏とマイナス圏の両方に振れるケースもあります。


動意の薄いでは上記のような状態がよく見られるので、トレンドの有無を見極めやすいです。


プラス圏とマイナス圏の両方に振れている場合は、トレンドフォロー型の手法でエントリーするのは控えた方が良いでしょう。


ヒストグラムの色の変化については、開発者による解説が見当たらないため、詳細は不明です。


svs_trend_v2を表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

svs_trend_v2のダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


svs_trend_v2


MT4のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT4でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


svs_trend_v2のパラメーター解説


svs_trend_v2パラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


「svs_trend_v2」のパラメーターは、算出期間を設定する項目のみのシンプルな構成になっています。


入力項目 入力内容

p1

算出期間


初期値:8


移動平均の算出期間を設定します。


「p1」は、移動平均の算出期間を設定するための項目です。


小さな値に設定すると、短期的な移動平均にもとづいて「svs_trend_v2」が算出されるため、インジケーターの反応が俊敏になります。


一方で、ノイズも多くなるため注意が必要です。


大きな値に設定した場合は長期的な移動平均にもとづいてインジケーターが算出されるため、ノイズが少なくなります。


まとめ


「svs_trend_v2」について解説してきましたが、ポイントをまとめると以下のようになります。


  1. 0以上で推移している場合は上昇トレンドが発生している可能性を示唆。

  2. 0以下で推移している場合は下降トレンドが発生している可能性を示唆。

  3. 動意の薄い相場では、インジケーターの値がプラス圏とマイナス圏の両方に振れる。


「svs_trend_v2」は、トレンドの方向を分析したい方に向いているインジケーターです。


実際の取引で使用する前に、どの程度うまく機能するのかを確認した上で使用した方が良いでしょう。

関連記事