FXで何やっても勝てなくて、やったコト

値動きが反転したポイントや反転後のおおよその方向を表示するMT4インジケーター「reversalnavi」

更新日時:2022年01月30日 17:40

reversalnaviスクリーンショット


逆張りでエントリーするタイミングを分析できるインジケーターがあればと考えたことはないでしょうか。


「reversalnavi」は、逆張りでエントリーするタイミングをマーカーで表示するインジケーターで、次のような方に向いています。


  1. 逆張り系の手法を使用している方

  2. 逆張りでエントリーするタイミングを分析したい方

  3. 値動きが反転した後のおおよその値動きを分析したい方


上記のような方のためにこの記事では、「reversalnavi」について解説します。


  1. reversalnaviの概要
  2. reversalnaviを表示する方法
  3. reversalnaviのパラメーター解説
  4. まとめ

reversalnaviの概要


「reversalnavi」を起動すると、チャート上にマーカーとラインが表示されます。


各マーカー・ラインの意味は以下の通りです。


赤色のドット:値動きが下に反転したポイント


蒼色のドット:値動きが上に反転したポイント


赤色の矢印:値動きが下に転換したローソク足


青色の矢印:値動きが上に転換したローソク足


赤色のライン:価格が下に転換した後のレンジの中間水準


青色のライン:価格が上に転換した後のレンジの中間水準


ラインは反転後の予想レンジの中間水準を示したもので、反転後のおおよその値動きの方向を確認できます。


reversalnaviを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

reversalnaviのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


reversalnavi


MT4のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT4でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


reversalnaviのパラメーター解説


reversalnaviパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


「reversalnavi」のパラメーターは、2つの項目で構成されています。


入力項目 入力内容

InpHiLoPeriod

高値・安値の検出期間


初期値:8


高値と安値を検出する期間を設定します。

InpStanbyBars

判定期間


初期値:8


価格の反転を判定する期間を設定します。


「InpHiLoPeriod」は、高値と安値の検出期間を設定するための項目です。


大きな値に設定するほど、長期的な高値・安値がインジケーターに反映されます。


「InpStanbyBars」は、値動きの反転を判定する期間を設定するための項目です。


大きな値に設定すると、判定期間が長くなります。


まとめ


「reversalnavi」について解説してきましたが、ポイントをまとめると以下のようになります。


  1. 価格が反転したポイントにマーカーを表示する

  2. ドットは価格が反転したポイントを示している

  3. 矢印は価格が反転したローソク足を示している

  4. ラインは反転後のレンジの中間水準を示している


「reversalnavi」は、逆張りでエントリーするタイミングを分析したい方に向いているインジケーターです。


相場の状況によっては買いエントリーと売りエントリーのシグナルが同時に表示される場合もあるので注意が必要です。


2種類のシグナルが同時に表示されている場合は、取引を見送った方がよいかもしれません。


バックテストを実施して、シグナルの精度を確認してから使用した方がよいでしょう。

関連記事