FXで何やっても勝てなくて、やったコト

検出した高値/安値に記号を表示するMT4インジケーター「ZigZagCorrect」

更新日時:2020年11月02日 23:44

ZigZagCorrectスクリーンショット


価格が反転する可能性がある水準を、あらかじめ把握できれば考えたことはないでしょうか。


「ZigZagCorrect」は以下のような方に向いているインジケーターです。


  1. 価格が反転しそうな水準を確認したい方

  2. ジグザグを使用したことがある方


この記事では、「ZigZagCorrect」について詳しく解説します。


  1. ZigZagCorrectの概要
  2. ZigZagCorrectを表示する方法
  3. ZigZagCorrectのパラメーター解説
  4. まとめ

ZigZagCorrectの概要


「ZigZagCorrect」は、ジグザグで検出した高値/安値に印をつけて表示するインジケーターです。


検出された高値には緑色の丸印、安値には赤い丸印が表示され、高値/安値の検出に使用する時間枠は、パラメーターの「ForcedZigTime」という項目で指定することができます。


「ShowSettingOnChart」という項目でパラメーターの設定状況をチャート上に表示することができますが、文字が白で表示されるためチャートの背景色を白にしている場合は設定を変更する必要があります。


このインジケーターで表示されるのはあくまでもインジケーターが検出した高値・安値であり、ジグザグが反転したポイントではないため、トレンドの転換点を示すものではないという点に注意が必要です。


単体で使用できるインジケーターではないので、他のインジケーターの補助として使用するのが妥当なのではないかと思います。


ZigZagCorrectを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

ZigZagCorrectのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


ZigZagCorrect


MT4のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT4でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


ZigZagCorrectのパラメーター解説


ZigZagCorrectパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


「ZigZagCorrect」のパラメーターは、ジグザグに関する項目とインジケーターの表示に関する項目で構成されています。


入力項目 入力内容

ForcedZigTime

時間枠


初期値:240


高値/安値を検出する時間枠を設定します。

ExDepth

デプス


初期値:12


値動きを検出する最小の値幅を設定します。

ExDeviation

ディビエーション


初期値:5


偏差を設定します。

ExBackstep

バックステップ


初期値:3


反転を検出する期間を設定します。

ShowSettingOnChart

設定状況表示


初期値:false


パラメーターのセッティングをチャート上に表示するか否かを設定します。


「ForcedZigTime」は、高値や安値を検出する時間枠を設定するための項目です。


「ForcedZigTime」は分単位で設定する必要があり、時間足を4時間に設定したい場合は240に設定します。


「ExDepth」「ExDeviation」「ExBackstep」は、ジグザグの動作を設定するための項目で、設定に応じてジグザグの挙動が変化します。


「ShowSettingOnChart」は、インジケーターのセッティング状況をチャート上に表示するか否かを設定するための項目で、trueに設定すると表示が有効になります。


まとめ


「ZigZagCorrect」の特徴をまとめると以下の通りです。


  1. 指定した時間枠で高値・安値を検出するインジケーター。

  2. 高値には緑色の丸印、安値は赤色の丸印が表示される。


「ZigZagCorrect」は相場が反転するかもしれないポイントを、ある程度把握しておきたいという方に適したインジケーターです。


先に述べた通りトレンドの転換点を示すものではないため、トレンドの転換を捉えたい場合はオシレーターなどのトレンドの転換を分析できるインジケーターと組み合わせて使用する必要があります。

関連記事