FXで何やっても勝てなくて、やったコト

移動平均線とYangTraderのシグナルを矢印で表示するMT4インジケーター「YangTraderMain」

更新日時:2020年10月07日 08:38

YangTraderMainスクリーンショット


エントリーのシグナルをチャート上に表示してくれるインジケーターがあればと考えたことはないでしょうか。


「YangTraderMain」は、シグナルを矢印で表示するインジケーターで、次のような方に向いています。


  1. エントリーのタイミングを分析したい方

  2. エントリーする方向を分析したい方


この記事では「YangTraderMain」について詳しく解説します。


  1. YangTraderMainの概要
  2. YangTraderMainを表示する方法
  3. YangTraderMainのパラメーター解説
  4. まとめ

YangTraderMainの概要


「YangTraderMain」は「YangTrader」というウィリアムズ%Rに似た方法で算出されるオシレーターをベースにしたインジケーターで、YangShuによって開発されました。


インジケーターを起動すると水色の実線で移動平均線が表示され、YangTraderによってシグナルが発せられた箇所には、エントリーの方向を示す矢印が表示されますが、YangTrader自体は表示されません。


YangTraderが買われ過ぎ水準を上回った後、この水準を下抜けた場合、売りを意味する赤色の下向きの矢印をチャート上に表示します。


反対に売られ過ぎ水準を下回った後、この水準を上抜けた場合、買いを意味する水色の上向きの矢印をチャート上に表示します。


エントリーの方向を矢印で表示するため、シグナルが分かりやすいインジケーターなのではないかと思います。


YangTraderMainを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

YangTraderMainのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


YangTraderMain


MT4のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT4でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


YangTraderMainのパラメーター解説


YangTraderMainパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


「YangTraderMain」のパラメーターは、3つの項目で構成されています。


入力項目 入力内容

period

算出期間


初期値:34


インジケーターの算出期間を設定します。

TimeWindow

価格の検出期間


初期値:34


高値/安値を検出する期間を設定します。

Sensitive

感度


初期値:8


インジケーターの感度を調整します。


「period」は算出期間を設定するための項目で、大きな値に設定するほどラインの表示が滑らかになります。


「Sensitive」は感度を設定するための項目で、設定した値に応じて矢印が表示される頻度が変化します。


小さな値に設定すると矢印が表示される頻度が高くなる一方で、ノイズも多くなるので変更する際は注意しましょう。


まとめ


「YangTraderMain」について解説してきましたが、ポイントをまとめると以下のようになります。


  1. YangTraderがベースになっている。

  2. 赤色の下向きの矢印は売りシグナル。

  3. 水色の上向きの矢印は買いシグナル。


「YangTraderMain」は、エントリーのタイミングと方向を分析したい方に向いているインジケーターです。


「YangTraderMain」のベースになっているYangTraderは、ウィリアムズ%Rのようにメジャーなオシレーターではないため、実際の取引でどの程度使用できるのかは不明です。


そのため、実際の取引で使用する前に、どの程度の精度でシグナルを発するのかを、確認した上で使用することをおすすめします。

関連記事