FXで何やっても勝てなくて、やったコト

指定した時間に縦のラインを表示するMT4インジケーター「wajdyss_V_Lines_indicator_v1」

更新日時:2020年09月09日 21:27

wajdyss_V_Lines_indicator_v1スクリーンショット


1日の為替相場の値幅の80%は20%の時間に動いていると言われており、デイトレなどの短い時間枠の取引では、取引をする時間帯も重要になってきます。


「wajdyss_V_Lines_indicator_v1」は、指定した時間に垂直のラインを表示するインジケーターで、次のような方に向いています。


  1. 日足よりも短い時間枠のチャートを使用している方

  2. 短期時取引がメインの方

  3. 特定の時刻にだけグリッドを表示したい方


この記事では、「wajdyss_V_Lines_indicator_v1」について解説します。


  1. wajdyss_V_Lines_indicator_v1の概要
  2. wajdyss_V_Lines_indicator_v1を表示する方法
  3. wajdyss_V_Lines_indicator_v1のパラメーター解説
  4. まとめ

wajdyss_V_Lines_indicator_v1の概要


インジケーターを起動するとチャート上の指定した時刻に、グリーンの縦のラインが表示されます。


ラインを表示する時刻によって、インジケーターをチャート上に表示できる時間枠に違いがあるので留意しておきましょう。


例えばラインを表示する時間を8:05に設定した場合は5分足よりも長い時間枠のチャートに「wajdyss_V_Lines_indicator_v1」を表示することができません。


アジアンセッションの開始時刻表や欧州セッション開始時刻など、特定の地域のマーケットが開場する時間帯をチャート上に表示したいという方には、便利なインジケーターなのではないでしょうか。


MT4のグリッドでも代用できますが、チャートの表示をすっきりさせたい場合にはこちらのインジケーターの方が良いでしょう。


wajdyss_V_Lines_indicator_v1を表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

wajdyss_V_Lines_indicator_v1のダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


wajdyss_V_Lines_indicator_v1


MT4のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT4でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


wajdyss_V_Lines_indicator_v1のパラメーター解説


wajdyss_V_Lines_indicator_v1パラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


入力項目 入力内容

hour

何時にラインを表示するのかを指定


初期値:10


ラインを表示する時刻の時間を設定します。

minute

何分にラインを表示するのかを設定


初期値:15


ラインを表示する時刻の分を設定します。

TextSize

テキストサイズ


初期値:14


文字の大きさを設定します。

TextColor1

テキスト1の色


初期値:Black


テキスト1の表示色を設定します。

TextColor2

テキスト2の色


初期値:Red


テキスト2の表示色を設定します。

TextColor3

テキスト3の色


初期値:Blue


テキスト3の表示色を設定します。

TextColor4

テキスト4の色


初期値:White


テキスト4の表示色を設定します。


「hour」はラインを表示する時刻の時間、「minute」は分を設定するための項目です。


初期設定では10:15に設定されていますのでラインを表示したい時刻に変更しましょう。


まとめ


「wajdyss_V_Lines_indicator_v1」について解説してきましたが、ポイントをまとめると以下のようになります。


  1. 任意の時刻に垂直なラインを表示する。


「wajdyss_V_Lines_indicator_v1」は、特定の時刻にだけグリッドを表示したい方に最適なインジケーターです。


デイトレやスキャルピングなどの、短い時間枠で取引を行っているトレーダー向けのインジケーターと言えるでしょう。

関連記事