FXで何やっても勝てなくて、やったコト

始値・終値・ボリュームをもとにした2本のラインでトレンドの方向を表示するMT4インジケーター「VolPerPip_v4」

更新日時:2020年08月08日 23:48

VolPerPip_v4スクリーンショット


ボリュームを考慮してトレンドの有無を分析する方法はないだろうかと考えたことないでしょうか。


「VolPerPip_v4」は、始値から終値までの差とボリュームをもとに、トレンドの向きを表示するインジケーターで、次のような方に向いています。


  1. ボリュームを考慮して取引している方

  2. トレンドの有無を分析したい方

  3. トレンドの方向を分析したい方


上記のような方のためにこの記事では、「VolPerPip_v4」について解説します。


  1. VolPerPip_v4の概要
  2. VolPerPip_v4を表示する方法
  3. VolPerPip_v4のパラメーター解説
  4. まとめ

VolPerPip_v4の概要


「VolPerPip_v4」を起動すると、サブウィンドウ上に青と赤のラインが表示され、青いラインが赤いラインよりも高い水準で推移している場合は、相場が上昇トレンドに入っている可能性を示唆し、赤いラインが青いラインよりも高い水準で推移している場合は、下降トレンドに入っている可能性を示唆しています。


価格が上昇した場合、gainposという値に終値から始値を引いた値が加えられ、volposという値にボリュームの値が加えられます。


反対に、価格が下降した場合には、gainnegという値に終値から始値を引いた値が加えられ、volnegという値にボリュームの値が加えられます。


インジケーターの見方は、DMIと似ている部分もありますが、算出方法が異なるためインジケーターの挙動は、全く違うものになっています。


レンジ相場ではノイズが多くなるため、そういった相場でこのインジケーターを使用するのは、避けた方が良さそうです。


VolPerPip_v4を表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

VolPerPip_v4のダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


VolPerPip_v4


MT4のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT4でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


VolPerPip_v4のパラメーター解説


VolPerPip_v4パラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


「VolPerPip_v4」のパラメーターは、1項目のみのシンプルな構成になっています。


入力項目 入力内容

Volp_Period

算出期間


初期値:14


インジケーターの算出期間を設定します。


「Volp_Period」は、インジケーターの算出期間を設定するための項目です。


大きな値に設定するほど、長期的な値動きがインジケーターに反映されます。


まとめ


「VolPerPip_v4」について解説してきましたが、ポイントをまとめると以下のようになります。


  1. 始値から終値までの差とボリュームをもとにトレンドの向きを表示する。

  2. 青いラインが赤いラインよりも高い水準で推移している場合は、上昇トレンドが発生した可能性を示唆している。

  3. 赤いラインが青いラインよりも高い水準で推移している場合は、下降トレンドに入っている可能性を示唆している。


「VolPerPip_v4」は、トレンドの向きを分析たい方に向いているインジケーターです。


実際の取引で使用する前にバックテストを行い、どの程度うまく機能するのかを調べた上で、使用することをおすすめします。

関連記事