FXで何やっても勝てなくて、やったコト

トレンド相場で水平なラインを表示するMT4インジケーター「StepMA_v3」

更新日時:2020年12月27日 23:51

StepMA_v3スクリーンショット


トレンドを捉えるつもりでエントリーしたものの、実際にはレンジ相場だったという経験はないでしょうか。


「StepMA_v3」は、移動平均線のように価格に追従するラインを表示するインジケーターで、以下のような方に向いています。


  1. レンジ相場でのエントリーを避けたい方

  2. トレンドの有無を確認したい方


この記事では「StepMA_v3」について詳しく解説します。


  1. StepMA_v3の概要
  2. StepMA_v3を表示する方法
  3. StepMA_v3のパラメーター解説
  4. まとめ

StepMA_v3の概要


インジケーターを起動すると、チャート上に黄色のラインが表示されます。


「StepMA_v3」は移動平均線とは異なり、一定以上の価格の変化がない場合、水平なラインを表示します。


このインジケーターは次のような方法で算出されます。


dK=1+(「PeriodWATR」-直近のバーの数)/「PeriodWATR」


AvgRange=1つ前のAvgRange+dK×(高値-安値)の絶対値


WATR=AvgRange/「PeriodWATR」


smax=終値+2✕「StepSize」✕0.00001(円クロスの場合は0.001)


smin=終値ー2✕「StepSize」✕0.00001(円クロスの場合は0.001)


終値>smaxの場合はtrend=1


終値<sminの場合はtrend=-1


trend>0かつ直近のsmin<1つ前のsmin1の場合、smin1=1つ前のsmin


trend<0かつ直近のsmax<1つ前smaxの場合、smax=1つ前のsmax


trend<0の場合、StepMA_v1=直近のsmin+「StepSize」✕0.00001(円クロスの場合は0.001)


trend<0の場合、StepMA_v1=直近のsmax-「StepSize」✕0.00001(円クロスの場合は0.001)


trendの判定方法は、パラメーターの「HighLow」で切り替えることができます。


初期設定では終値を用いる設定になっていますが、1以上の値に変更すると高値と安値が用いられます。


StepMA_v3を表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

StepMA_v3のダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


StepMA_v3


MT4のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT4でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


StepMA_v3のパラメーター解説


StepMA_v3パラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


入力項目 入力内容

PeriodWATR

算出期間


初期値:100


インジケーターの算出期間を設定します。

Kwatr

係数


初期値:1.0000


stepsizeの算出に用いる係数を設定します。

Advance

シフト


初期値:0


インジケーターの表示位置が左右に変化します。

HighLow

算出方法


初期値:0


トレンドを判定する方法を設定します。


「PeriodWATR」はインジケーターの算出期間を設定するための項目です。


設定した値に応じてインジケーターの反応速度が変化します。


「Kwatr」はstepsizeの算出に用いる係数を設定するための項目で、大きな値に設定するほどノイズが少なくなります。


「Advance」はインジケーターのオフセットを設定するための項目で、正の値に設定すると表示位置が右側に移動し、負の値に設定すると左側に移動します。


まとめ


「StepMA_v3」の特長は以下の通りです。


  1. 価格に追従するラインを表示する。

  2. レンジ相場ではラインが水平に表示される。


「StepMA_v3」は、トレンドが存在しているかどうかを確認したい方に向いているインジケーターです。


レンジ相場でのエントリーを避けたい方は、一度試してみると良いでしょう。

関連記事