FXで何やっても勝てなくて、やったコト

移動平均線同士の位置関係にもとづくオシレーターを表示するMT4インジケーター「VininI_Trend_LRMA」

更新日時:2020年08月13日 15:59

VininI_Trend_LRMAスクリーンショット


移動平均線をベースにしたトレンド系のインジケーターを試してみたいと考えたことないでしょうか。


「VininI_Trend_LRMA」は、移動平均線同士の位置関係をもとに、価格が向かっている方向をオシレーターとして表示するインジケーターで、次のような方に向いています。


  1. トレンドの方向を分析したい方

  2. 移動平均線をよく使用する方


以上のような方のために記事では、「VininI_Trend_LRMA」について解説します。


  1. VininI_Trend_LRMAの概要
  2. VininI_Trend_LRMAを表示する方法
  3. VininI_Trend_LRMAのパラメーター解説
  4. まとめ

VininI_Trend_LRMAの概要


「VininI_Trend_LRMA」を起動するとオレンジ色のヒストグラムが表示されます。


「VininI_Trend_LRMA」は、以下の方法によって算出されます。


LRMA=3×N期間線形加重移動平均-2×N期間単純移動平均


sum=0、j=0の状態から計算を開始し、jは計算開始から1ずつ増加。


「MA_Close」期間LRMAが(「MA_Start」+j×「MA_Step」)期間LRMAより高い場合は、前のSumの値に1を加える。


「MA_Close」期間LRMAが(「MA_Start」+j×「MA_Step」)期間LRMA以下の場合は、前のsumの値から1を引く。


sc=sum/MA_Count


VininI_Trend_LRMA=3×(scの「SignalSMA」期間線形加重移動平均)-2×(「SignalSMA」期間単純移動平均)


インジケーターの値がプラス圏で推移している場合は、現在の相場が上昇トレンドに入っている可能性を示唆し、マイナス圏で推移している場合は、下降トレンドに入った可能性を示唆しています。


レンジ相場では、ノイズも多くなる傾向にありますので注意しましょう。


VininI_Trend_LRMAを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

VininI_Trend_LRMAのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


VininI_Trend_LRMA


MT4のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT4でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


VininI_Trend_LRMAのパラメーター解説


VininI_Trend_LRMAパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


入力項目 入力内容

MA_Start

WPRの最小期間


初期値:10


WPRを平滑化する最小期間を設定します。

MA_Step

WPRのステップ


初期値:10


WPRの平滑化期間を増加させる間隔を設定します。

MA_Count

WPRの算出回数


初期値:50


WPRの平滑化期間を増加させる回数を設定します。

MA_Mode

平滑化方法


初期値:0


平滑化に用いる移動平均の種類を設定します。

MA_Close

比較用LRMA算出期間


初期値:1


比較用移動平均線期間を設定します。

SignalSMA

シグナル平滑化期間


初期値:3


シグナルの平滑化期間を設定します。

Limit

表示期間


初期値:1440


インジケーターを表示する期間を設定します。

LRMA_On

LRMAの有効/無効


初期値:true


falseに設定するとLRMAが無効になります。


「SignalSMA」は、シグナル平滑化期間を設定するための項目で、期間を長くするほどシグナルのノイズが少なくなります。


「LRMA_On」は、LRMAの有効/無効を設定するための項目です。


初期設定では有効になっていますが、パラメーターをfalseに変更して無効にすることもできます。


「LRMA_On」をfalseに設定した場合はscを単純移動平均した値でヒストグラムが表示されます。


まとめ


「VininI_Trend_LRMA」の特徴をまとめると以下のようになります。


  1. 移動平均線同士の位置関係をもとに値動きの方向を表示する。

  2. プラス圏で推移している場合は、現在の相場が上昇トレンドに入っている可能性を示唆している。

  3. マイナス圏で推移している場合は、下降トレンドに入った可能性を示唆している。


「VininI_Trend_LRMA」は、トレンドの方向を分析したい方に向いているインジケーターです。


トレンドフォロー系の手法を使用している方であれば、活用できる場面があるのではないでしょうか。

関連記事