FXで何やっても勝てなくて、やったコト

パラボリックSARと移動平均線のゴールデンクロス/デッドクロスを記号でチャート上に表示するMT4インジケーター「YANSTEST 6wait」

更新日時:2020年10月01日 15:47

YANSTEST_6waitスクリーンショット


トレンドの転換を知らせてくれるインジケーターがあればと考えたことはないでしょうか。


「YANSTEST_6wait」は、次のような方に向いています。


  1. トレンドの転換を分析したい方

  2. 移動平均線をよく使用する方

  3. パラボリックSARをよく使用する方


この記事では、「YANSTEST_6wait」について詳しく解説します。


  1. YANSTEST_6waitの概要
  2. YANSTEST_6waitを表示する方法
  3. YANSTEST_6waitのパラメーター解説
  4. まとめ

YANSTEST_6waitの概要


「YANSTEST 6wait」は、パラボリックSARと2本の移動平均線の状態を、チャート上に記号で表示するインジケーターで、Ron Tによって開発されました。


移動平均線には指数平滑移動平均線が用いられ、算出期間は10と40に設定されています。


パラボリックSARはMT4に標準でインストールされているものと同様の設定になっており、ステップが0.02、上限が0.2に設定されていますが、パラメーターの変更はできません。


移動平均線がゴールデンクロスした場所には白い四角形、デッドクロスした場所には赤い四角形が表示され、40期間指数平滑移動平均線とパラボリックSARのドットの列がゴールデンクロスした場所には白いドット、デッドクロスした場所には赤いドットが表示されます。


ローソク足の下に表示されたパラボリックSARの連続したドットの数が7つを超える前に反転した場合、下向きの赤い矢印が表示され、ローソク足の上に表示された連続したドットの数が7つを超える前に反転した場合は上向きの白い矢印が表示されます。


相場の向かっている方向を示すことはできますが、このインジケーターのみでエントリーの水準やタイミングを計るのは難しいため、エントリーについては他の手法やインジケーターと組み合わせた上で判断することをお奨めします。


YANSTEST_6waitを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

YANSTEST_6waitのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


YANSTEST_6wait


MT4のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT4でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


YANSTEST_6waitのパラメーター解説


YANSTEST_6waitパラメーター画像


「YANSTEST_6wait」に、トレーダーが変更可能なパラメーターはありません。


入力項目 入力内容

なし

変更可能なパラメーター項目はありません。


値動きの速い相場ではインジケーターの表示が遅れがちになりますが、パラメーターの調整ができないため使用できる相場を選ぶインジケーターと言えます。


まとめ


「YANSTEST_6wait」について解説してきましたが、ポイントをまとめると以下のようになります。


  1. パラボリックSARと2本の移動平均をベースにしたインジケーター。

  2. 白い四角形は移動平均線がゴールデンクロスしたことを示している。

  3. 赤い四角形は移動平均線がデッドクロスしたことを示している。

  4. 白いドットは移動平均線とパラボリックSARがゴールデンクロスしたことを示している。

  5. 赤いドットは移動平均線とパラボリックSARがバンデッドクロスしたことを示している。


「YANSTEST_6wait」は、トレンドの転換を分析したい方に向いているインジケーターです。


移動平均線がゴールデンクロス/デッドクロスしたことと、パラボリックSARが値動きに追い付きつつあることを大まかに把握しておきたいという方には、ちょうど良いインジケーターなのではないでしょうか。


使用する場合は、他のインジケーターと組み合わせて使用しましょう。

関連記事