FXで何やっても勝てなくて、やったコト

1日の始まりの時刻を調整できるピボットを表示するMT5インジケーター「dailypivotshift」

更新日時:2021年12月16日 13:09

dailypivotshiftスクリーンショット


ピボットを任意のタイムゾーンに合わせて表示したいと考えたことはないでしょうか。


「dailypivotshift」は、ピボットに適用する1日の始まりの時刻を調整できるインジケーターで次のような方に向いています。


  1. ピボットをよく使用する方

  2. ピボットに適用する1日の始まりの時刻を調整したい方


この記事では、「dailypivotshift」について詳しく解説します。


  1. dailypivotshiftの概要
  2. dailypivotshiftを表示する方法
  3. dailypivotshiftのパラメーター解説
  4. まとめ

dailypivotshiftの概要


「dailypivotshift」を起動すると、チャート上にピボットが表示されます。


ピボットは前日の価格をもとに算出されるインジケーターです。


そのため、1日の始まりをどの時刻に設定するのかによって、表示されるラインの水準も変化します。


「dailypivotshift」では、1時間単位で1日の始まりの時刻を変更できます。


そのため、日本時間の1日の始まりに合わせてピボットを算出することも可能です。


dailypivotshiftを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

dailypivotshiftのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


dailypivotshift


MT5のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT5でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


dailypivotshiftのパラメーター解説


dailypivotshiftパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


入力項目 入力内容
ShiftTime_

シフト


初期値:1


インジケーターのオフセットを設定します。

ExtFormula

算出方法


初期値:Number_0


ピボットの算出方法を設定します。

R30 level color

R30レベルの色


初期値:MediumSeaGreen


R30レベルの表示色を設定します。

R25 level color

R25レベルの色


初期値:MediumSeaGreen


R25レベルの表示色を設定します。

R20 level color

R20レベルの色


初期値:MediumSeaGreen


R20レベルの表示色を設定します。

R15 level color

R15レベルの色


初期値:MediumSeaGreen


R15レベルの表示色を設定します。

R10 level color

R10レベルの色


初期値:MediumSeaGreen


R10レベルの表示色を設定します。

R05 level color

R05レベルの色


初期値:MediumSeaGreen


R05レベルの表示色を設定します。

P level color

ピボットレベルの色


初期値:DarkOrchid


ピボットレベルの表示色を設定します。

S05 level color

S05レベルの色


初期値:Red


S05レベルの表示色を設定します。

S10 level color

S10レベルの色


初期値:Red


S10レベルの表示色を設定します。

S15 level color

S15レベルの色


初期値:Red


S15レベルの表示色を設定します。

S20 level color

S20レベルの色


初期値:Red


S20レベルの表示色を設定します。

S25 level color

S25レベルの色


初期値:Red


S25レベルの表示色を設定します。

S30 level color

S30レベルの色


初期値:Red


S30レベルの表示色を設定します。

R30 level line style

R30レベルのスタイル


初期値:SOLID_


R30レベルのラインのスタイルを設定します。

R25 level line style

R25レベルのスタイル


初期値:DASHDOTDOT_


R25レベルのラインのスタイルを設定します。

R20 level line style

R20レベルのスタイル


初期値:SOLID_


R20レベルのラインのスタイルを設定します。

R15 level line style

R15レベルのスタイル


初期値:DASHDOTDOT_


R15レベルのラインのスタイルを設定します。

R10 level line style

R10レベルのスタイル


初期値:SOLID_


R10レベルのラインのスタイルを設定します。

R05 level line style

R05レベルのスタイル


初期値:DASHDOTDOT_


R05レベルのラインのスタイルを設定します。

P level line style

ピボットレベルのスタイル


初期値:DASH_


ピボットレベルのラインのスタイルを設定します。

S05 level line style

S05レベルのスタイル


初期値:DASHDOTDOT_


S05レベルのラインのスタイルを設定します。

S10 level line style

S10レベルのスタイル


初期値:SOLID_


S10レベルのラインのスタイルを設定します。

S15 level line style

S15レベルのスタイル


初期値:DASHDOTDOT_


S15レベルのラインのスタイルを設定します。

S20 level line style

S20レベルのスタイル


初期値:SOLID_


S20レベルのラインのスタイルを設定します。

S25 level line style

S25レベルのスタイル


初期値:DASHDOTDOT_


S25レベルのラインのスタイルを設定します。

S30 level line style

S30レベルのスタイル


初期値:SOLID_


S30レベルのラインのスタイルを設定します。

R30 level line width

R30レベルの幅


初期値:Width_1


R30レベルのラインの幅を設定します。

R25 level line width

R25レベルの幅


初期値:Width_1


R25レベルのラインの幅を設定します。

R20 level line width

R20レベルの幅


初期値:Width_2


R20レベルのラインの幅を設定します。

R15 level line width

R15レベルの幅


初期値:Width_3


R15レベルのラインの幅を設定します。

R10 level line width

R10レベルの幅


初期値:Width_1


R10レベルのラインの幅を設定します。

R05 level line width

R05レベルの幅


初期値:Width_1


R05レベルのラインの幅を設定します。

P level line width

ピボットのラインの幅


初期値:Width_1


ピボットレベルのラインの幅を設定します。

S05 level line width

S05レベルのラインの幅


初期値:Width_1


S05レベルのラインの幅を設定します。

S10 level line width

S10レベルのラインの幅


初期値:Width_3


S10レベルのラインの幅を設定します。

S15 level line width

S15レベルのラインの幅


初期値:Width_1


S15レベルのラインの幅を設定します。

S20 level line width

S20レベルのラインの幅


初期値:Width_2


S20レベルのラインの幅を設定します。

S25 level line width

S25レベルのラインの幅


初期値:Width_1


S25レベルのラインの幅を設定します。

S30 level line width

S30レベルのラインの幅


初期値:Width_1


S30レベルのラインの幅を設定します。


「ShiftTime_」は、インジケーターのオフセットを設定するための項目です。


オフセットは、1時間単位で設定できます。


「ExtFormula」は、ピボットの算出方法を設定するための項目です。


「ExtFormula」は、0~3の間で設定します。


まとめ


「dailypivotshift」の特徴をまとめると以下のようになります。


  1. 1時間単位でシフトを設定できるピボットを表示する

  2. 任意のタイムゾーンに合わせてピボットを算出できる


「dailypivotshift」は、ピボットに適用する1日の始まりの時刻を調整したい方に向いているインジケーターです。


使い方は通常のピボットと基本的に同じなので、普段からピボットを使っている方であれば、違和感なく使用できるでしょう。

関連記事