FXで何やっても勝てなくて、やったコト

1秒あたりのボリュームとボリュームの平均を表示するMT4インジケーター「VSI」

更新日時:2019年08月07日 09:34

VSIスクリーンショット


「VSI」は1秒あたりのボリュームとその平均を表示するインジケーターで、DriverDanによって開発されました。


「VSI」を起動するとサブウィンドウ上に、水色と赤色のラインが表示され、水色のラインが1秒あたりのボリューム、赤色のラインが1秒あたりのボリュームの平均を示しています。


「VSI」の算出方法は以下の通りです。


timeDiff =計算を開始した時刻-現在の時刻


vsi= ボリューム/timeDiff


vsiMA=vsiの移動平均


showPerPeriodを1に設定した場合のvsiの算出方法。


vsi=vsi×チャートの時間枠×60


VSIを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

VSIのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


VSI

↓↓↓↓↓インジケーターの導入手順が分からない方は↓↓↓↓↓

MT4のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT4でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法

これでVSIが表示されました。


VSIのパラメーター解説


VSIパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


パラメーターは、「vsiMAPeriod」「vsiMAType」「showPerPeriod」の3項目で構成され、初期設定の値は「vsiMAPeriod」が7、「vsiMAType」が1、「showPerPeriod」が0に設定されています。


vsiMAPeriod

平滑化期間

vsiMAType

平滑化方法

showPerPeriod

vsiの算出方法


「showPerPeriod」を1に変更すると、1秒あたりのボリュームではなく指定した期間のボリュームが算出されます。


インジケーターの開発者は、チャートの時間枠を5分足以下に設定したり、日足以上に設定するとインジケーターがうまく機能しないため、15分足から4時間足の間の時間枠に設定することを推奨しています。


パラメーターは、平滑化方法に関する設定が主ですので、移動平均線の設定に馴染みのある方であれば、戸惑うことも少ないかと思います。

XMはMT4から直接取引できます XMはMT4から直接取引できます

関連記事