FXで何やっても勝てなくて、やったコト

次のローソク足確定までの残り時間と現在のスプレッドをテキストで表示するMT4インジケーター『b-clock_spread』

更新日時:2020年03月31日 20:53

b-clock_spreadスクリーンショット


新しいローソク足が確定した直後は、確定したローソク足を見たトレーダーの注文によって、価格が動く傾向にあるため注意が必要です。


「b-clock_spread」は、ローソク足が確定するまでの時間を表示するインジケーターで、以下のような方に向いています。


  1. ローソク足が確定してからエントリーしている方

  2. 次のローソク足が表示されるまでの時間を確認したい方


そういった方のためにこの記事では、「b-clock_spread」について解説していきます。


  1. b-clock_spreadの概要
  2. b-clock_spreadを表示する方法
  3. b-clock_spreadのパラメーター解説
  4. まとめ

b-clock_spreadの概要


「b-clock_spread」は、直近ローソク足の右側に、次のローソク足確定までの残り時間と現在のスプレッドをテキストで表示するMT4用のインジケーターで、このインジケーターを導入すると、画像のように、ローソク足右側に次のローソク足確定までの時間と()内にスプレッドがテキストで表示されるようになります。


ローソク足右側に表示されるので、意識せずとも次のローソク足確定までの時間が目に入り、非常に便利ですが、MT4上部のタブ「チャートの右端をシフト」をONにしなければ見えない点に注意しましょう。


b-clock_spreadを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

b-clock_spreadのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


b-clock_spread


MT4のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT4でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


b-clock_spreadのパラメーター解説


b-clock_spreadパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


入力項目 入力内容

FontName

フォント名


初期値:Trebuchet MS


フォントの種類を設定します。

FontSize

テキストの大きさ


初期値:12


テキストの大きさを設定します。

FontColor

テキストの色


初期値:Aqua


テキストの表示色を設定します。

ShowSpread

スプレッドの表示・非表示


初期値:True


falseに設定するとスプレッドが非表示になります。

Distance

表示位置


初期値:10


テキストの表示位置を調整します。


「FontSize」はテキストの大きさを設定するための項目で、値を大きくするほどテキストが大きく表示されます。


「ShowSpread」は、スプレッドの表示/非表示を設定するための項目で、スプレッド表示が不要な場合はfalseに設定しましょう。


まとめ


「b-clock_spread」について解説してきましたが、ポイントをまとめると以下のようになります。


  1. ローソク足が確定するまでの残り時間を表示する。

  2. 直近のスプレッドを表示する。


「b-clock_spread」は、ローソク足が確定したことを確認してから、エントリーしている方に向いているインジケーターです。


常に目に入る位置に次のローソク足確定までの時間が表示されるため、特にスキャルピングトレーダーの人にとっては、非常に便利なインジケーターかと思います。


ただし、使用の際は「チャートの右端をシフト」をONにするのを忘れないようにしましょう。

関連記事