FXで何やっても勝てなくて、やったコト

GBPCHF・GBPUSD・USDCHFの3つの通貨のそれぞれのローソク足の終値をもとにしたオシレーターを表示するMT4インジケーター『3end.mq4』

更新日時:2018年12月29日 05:32

3endスクリーンショット


3end.mq4は、GBPCHF・GBPUSD・USDCHFの3つの通貨のそれぞれのローソク足の終値をもとに売買タイミングを示唆するオシレーターとシグナルを表示するMT4用のインジケーターです。


海外サイトの制作者のコメントによると、他のインジケーター等でトレンドを確認した後に、上昇トレンドならば緑色のドットで買いエントリー、下降トレンドならば赤のドットで売りエントリー、といった使い方をするようです。


ただし、見た限りではあまり精度は高くなく、上昇トレンドで緑ドットが表示された後にすぐ赤ドットが表示されてしまうといったことも多いため、あくまでこのインジケーターはエントリー根拠の1つとして使用し、他のインジケーターと併用すると良いかと思います。


3endの入手・表示


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

3endのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


3end

↓↓↓↓↓インジケーターの導入手順が分からない方は↓↓↓↓↓

MT4のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT4でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法

これで3つの通貨のローソク足の終値をもとにしたオシレーターが表示されました。


3endのパラメーター解説


3endパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


NameCross

1つ目の通貨ペア

NameMain1

2つ目の通貨ペア

NameMain2

3つ目の通貨ペア

NumberOfBars

バーカウント

Perevorot

シグナルの色が反転


デフォルトではGBPCHF・GBPUSD・USDCHFの3通貨が設定されていますが、自分の使用したい通貨ペアに変更することが出来ます。


おそらく通貨ペアの相関関係を利用したオシレーターなので、自分の使用したい通貨ペアに変更する際は相関関係を意識した通貨にすると良いかと思います。


独自性の高いインジケーターなので、通貨ペアの相関関係を使ったトレードをしている人にとっては非常に興味深いインジケーターではないでしょうか。

XMはMT4から直接取引できます XMはMT4から直接取引できます

関連記事