FXで何やっても勝てなくて、やったコト

より滑らかな「Accelerator Oscillator」を表示するMTF対応のMT4インジケーター『Accelerator_4cM_mtf』

更新日時:2019年01月10日 07:07

Accelerator_4cM_mtfスクリーンショット


Accelerator_4cM_mtfは、MT4に最初からインストールされている「Accelerator Oscillator」を滑らかに描画させ、マルチタイムフレーム対応にしたMT4用のインジケーターで、「Accelerator Oscillator」ではパラメーターの設定が一切できませんがこのインジケーターではパラメーター設定が可能になっています。


画像は、サブウィンドウ上がこのインジケーター「Accelerator_4cM_mtf」で、サブウィンドウ下がMT4に最初からインストールされている「Accelerator Oscillator」です。比べてみると動きがより滑らかになり上昇下降が見やすくなっていますよね。


またこのインジケーターがマルチタイムフレームに対応しているため、上位足の「Accelerator_4cM_mtf」を下位足のチャート上に表示させることができます。


今回は、この「Accelerator_4cM_mtf」をMT4で表示する方法とそのパラメーターについて解説していきます。


Accelerator_4cM_mtfの入手・表示


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

Accelerator_4cM_mtfのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


Accelerator_4cM_mtf

↓↓↓↓↓インジケーターの導入手順が分からない方は↓↓↓↓↓

MT4のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT4でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法

これでサブウィンドウに「Accelator Oscilator」をより滑らかにしたオシレーターが表示されました。


Accelerator_4cM_mtfのパラメーター解説


Accelerator_4cM_mtfパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


TimeFrame

タイムフレーム(分)

MA_1_Period

1本目の移動平均線の期間

MA_2_Period

2本目の移動平均線の期間

MA_3_Period

3本目の移動平均線の期間

MA_Mode

移動平均線の種類

MA_Price

移動平均線の適用価格

SigLineShift

シグナルラインの表示移動

MaxBarCount

バーカウント


デフォルトでは期間7、14、3のSMAが設定されていますが、「Accelerator Oscillator」と違いこのインジケーターではパラメーターが変更できるので、自分に合わせたパラメーターに変更してみてはいかがでしょうか。


MT4に標準でインストールされている「Accelerator Oscillator」よりも滑らかで、パラメーターの変更もできるため、「Accelerator Oscillator」をトレードに使用している人はこのインジケーターを試してみてはいかがでしょうか。

XMはMT4から直接取引できます XMはMT4から直接取引できます

関連記事