FXで何やっても勝てなくて、やったコト

ROCと移動平均線をサブウィンドウに表示して相場を判断するMT4インジケーター『ROC_with_Signal_MA』

更新日時:2018年11月30日 01:32

ROC_with_Signal_MAトップ画像


MT4のインジケーターである『ROC_with_Signal_MA』は、サブウィンドウにROCとSMA、EMA、SMMA、LWMAの4種類の移動平均線のうち1本の移動平均線を表示するインジケーターで、売買のタイミングや相場の強さを判断することができます。


ちなみにROC(Rate of Change)とは、トレンドの方向性が無いレンジ相場でよく使われ、モメンタムを比率にすることで変動幅がどの時点でも一定に保たれるようにできているオシレーター系のテクニカル指標で、基本的な見方としては、ROCの中心線以上では強気相場、逆に中心線以下では弱気相場と判断します。


このインジケーターではROCに加え移動平均線も表示されるため、それぞれのラインのクロスをエントリー・エグジットに使用したり、トレンド転換や相場の強さを確認したりといった使い方ができるでしょう。


今回は、この「ROC_with_Signal_MA」をMT4で表示する方法とそのパラメーターについて解説していきます。


インジケーターの入手・表示


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

ROC_with_Signal_MAのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


ROC_with_Signal_MA

↓↓↓↓↓インジケーターの導入手順が分からない方は↓↓↓↓↓

MT4のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT4でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法

これでサブウィンドウにROCと移動平均線が表示されました。


ROC_with_Signal_MAのパラメーター解説


ROC_with_Signal_MAパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


ROC_Period

ROCの期間

Signal_MA

移動平均線の種類

Signal_Periods

移動平均線の期間


よく使う時間足や通貨ペアの特徴に合わせて値を設定すると良いかと思います。

XMはMT4から直接取引できます XMはMT4から直接取引できます

関連記事