FXで何やっても勝てなくて、やったコト

ACのシグナルをドットでチャー上に表示するMT4インジケーター「wlxBWACsig」

更新日時:2020年09月03日 21:53

wlxBWACsigスクリーンショット


AC(Accelerator/Decelerator)は、Bill Williamsによって考案インジケーターで、値動きの加速と減速、方向を分析するためのインジケーターです。


「wlxBWACsig」は、ACをベースにしたインジケーターで次のような方に向いています。


  1. 値動きの方向を分析したい方

  2. ACを使用したことがある方


この記事では、「wlxBWACsig」について詳しく解説します。


  1. wlxBWACsigの概要
  2. wlxBWACsigを表示する方法
  3. wlxBWACsigのパラメーター解説
  4. まとめ

wlxBWACsigの概要


「wlxBWACsig」はACそのものは表示せずに、ACの発するシグナルをチャート上にドットで表示します。


インジケーターを起動すると、ローソク足と一緒に色着きのドットが表示され、ACが上昇シグナルを発している場合は青色のドット、下降シグナルを発している場合はピンクのドットが表示されます。


「wlxBWACsig」が上昇シグナルを発する条件は以下の3つです。


直近のACから4期間前のACの値全てが0より大きく、4期間前のACから直近のACまで連続で上昇した場合。


4期間から2期間ACが0より低い水準で推移し、直近のACだけが0を超えており、4期間から2期間のACが連続して下降した後、直近のACが2期間のACを上回った場合。


5期間から直近のACまで0より低い水準で推移し、5期間から4期間で下降した後、直近のACまで連続で上昇した場合。


以上の3つの条件のうちどれか一つに当てはまる場合は、上昇のシグナルが発せられ、下降シグナルはこれらと逆の条件が揃った時に発せられます。


ダマしのシグナルもそれなりに出るため、他のインジケーターと組み合わせて使用した方が良いかもしれません。


特に、トレンドの方向に逆らったシグナルが出た場合は、慎重に判断する必要がありそうです。


wlxBWACsigを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

wlxBWACsigのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


wlxBWACsig


MT4のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT4でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


wlxBWACsigのパラメーター解説


wlxBWACsigパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


入力項目 入力内容

updown

ドットとローソク足の距離


初期値:8


ドットの表示位置を調整します。


「updown」は、ローソク足とドットの距離を調整するためのパラメーターです。


「wlxBWACsig」はpips単位でローソク足とドットの距離を調整しているので、チャートの縮尺によってはもっとが見にくくなる場合もあります。


必要に応じて「updown」を調整しましょう。


まとめ


「wlxBWACsig」について解説してきましたが、ポイントをまとめると以下のようになります。


  1. AC(Accelerator/Decelerator)のシグナルをドットで表示するインジケーター。

  2. ACが上昇シグナルを発している場合は青色のドットを表示する。

  3. 下降シグナルを発している場合はピンクのドットを表示する。


「wlxBWACsig」は、価格が向かっている方向を分析したい方に向いているインジケーターです。


実際の取引で使用する前に、どの程度うまく機能するのか、十分にテストを行うことをおすすめします。

関連記事