FXで何やっても勝てなくて、やったコト

一定の高値・安値の更新が続いたときに逆張りシグナルを表示するMT4インジケーター『Beno_System』

更新日時:2020年04月03日 05:02

Beno_Systemスクリーンショット


逆張りのシグナルを、表示できるインジケーターがあればと考えたことはないでしょうか。


「Beno_System」は、逆張りでエントリーするためのシグナルや、イグジットの水準を表示するインジケーターで、次のような方に向いています。


  1. 逆張りでエントリーするタイミングを分析したい方

  2. 逆張りポジションをイグジットする水準を分析したい方


上記のような方のためにこの記事では、「Beno_System」について解説します。


  1. Beno_Systemの概要
  2. Beno_Systemを表示する方法
  3. Beno_Systemのパラメーター解説
  4. まとめ

Beno_Systemの概要


「Beno_System」は、一定の高値・安値の更新が続いたときにそれらのローソクの始値・終値を結び、エントリーポイントに矢印のシグナルを表示する逆張り向けのMT4用のインジケーターです。


このインジケーターは、一定の高値更新が続いたときに白色のCの字のオブジェクトで終値を結び、逆に一定の安値更新が続いたときに赤色のCの字のオブジェクトで始値を結んで表示します。


また、売りエントリーのタイミングでは黄色の下向き矢印を表示し、逆に買いエントリーのタイミングで赤色の上向き矢印を表示します。


基本的には、矢印が表示されたタイミングでエントリーして、Cの字のオブジェクトを損切・利確として利用する、といった使い方に適しています。


Beno_Systemを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

Beno_Systemのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


Beno_System


MT4のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT4でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


Beno_Systemのパラメーター解説


Beno_Systemパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


入力項目 入力内容

ShowUpArrow

上昇の矢印の表示・非表示


初期値:true


上昇の矢印の表示に影響はありません。

UpArrowsColor

上昇の矢印の色


初期値:Lime


上昇の矢印の色に影響はありません。

ShowLowerHighs

上昇の矢印の表示・非表示


初期値:true


falseに設定すると上昇の矢印が非表示になります。

LowerHighsColor

上昇の矢印の色


初期値:Lime


上昇の矢印の色を設定します。

ShowCloseToCloseLines

上昇の「C」の字のオブジェクトの表示・非表示


初期値:true


falseに設定すると上昇の「C」の字のオブジェクトが非表示になります。

CloseToCloseLinesClor

上昇の「C」の字のオブジェクトの色


初期値:Lime


上昇の「C」の字のオブジェクトの色を設定します。

ShowDownArrow

下降の矢印の表示・非表示


初期値:true


下降の矢印の表示に影響はありません。

DownArrowsColor

下降の矢印の色


初期値:Red


下降の矢印の色に影響はありません。

ShowLowerHighs

下降の矢印の表示・非表示


初期値:true


falseに設定すると下降の矢印が非表示になります。

HigherLowsColor

下の矢印の色


初期値:Red


下降の矢印の色を設定します。

ShowCloseToCloseLines

下降の「C」の字のオブジェクトの表示・非表示


初期値:true


falseに設定すると下降の「C」の字のオブジェクトが非表示になります。

OpenToOpenLinesClor

下降の「C」の字のオブジェクトの色


初期値:Red


下降の「C」の字のオブジェクトの色を設定します。


「ShowUpArrow」と「ShowDownArrow」は、項目名から矢印の表示/非表示を設定するための項目のようにみえますが、こちらの項目を変更しても矢印の表示に影響はありません。


矢印の表示/非表示を設定したい場合は、「ShowLowerHighs」を変更する必要があります。


また、「DownArrowsColor」と「UpArrowsColor」は、矢印の色を設定するための項目のように見えますが、こちらも同様にパラメーターを変更しても矢印の色は変化しません。


矢印の色を変更したい場合は、「HigherLowsColor」を変更する必要があります。


また、「ShowLowerHighs」と「HigherLowsColor」は、上昇用と下降用がありますので変更する際は、どちらのものなのかしっかり確認しましょう。


まとめ


「Beno_System」について解説しましたが、以下に要点をまとめておきます。


  1. 逆張りのエントリーのタイミングを矢印で表示する。

  2. 損切りや利確の水準を表示する。


「Beno_System」は、値動きの転換を捉えたい方に向いているインジケーターです。


一定の高値・安値の更新が続いたときの反転を狙った逆張り向けのインジケーターですが、精度は高くないので、他のインジケーターと組み合わせて使用すると良いかと思います。


先に紹介したように、パラメーターが分かりづらくなっていますので、変更する場合は項目をしっかり確認しましょう。

レバレッジ888倍!
業界No1のボーナス制度!

最大レバレッジ888倍!口座開設時3000円、最大総額5000ドル(約70万円相当)の手厚いボーナスに加え、万一の急変もゼロカットシステムで追証無しの万全の安心感!


リクォート・注文拒否ナシ!全注文の99.35%が1秒以内に執行、高い約定力に定評あり!ほぼ全通貨に対しスプレッドがゼロの『XMZero口座』も登場!

口座開設はコチラ

MT4スプレッド
世界最狭水準

OANDA JAPANは、MT4ブローカーの中でも世界最狭水準のスプレッドと高い約定力が大きな魅力です。日本の証券会社でMT4を使いたいならイチオシの証券会社です。


10万通貨以上の取引+20万円以上の入金で、世界中のトレーダーのポジションが分かるMT4専用インジケーター『オープンオーダーインジケーター』がもらえます!

口座開設はコチラ

関連記事