FXで何やっても勝てなくて、やったコト

複数の時間枠のレンジを同じチャート上に表示するMT4インジケーター「Waddah_Attar_Strong_Level」

更新日時:2019年06月04日 06:26

Waddah_Attar_Strong_Levelスクリーンショット


「Waddah_Attar_Strong_Level」は時間枠ごとのレンジを表示するインジケーターで、Waddah Attarによって開発されました。


インジケータを起動すると日足のレンジが赤色のライン、週足のレンジが青色のライン、月足のレンジがオレンジのラインで表示され、各ラインの横にはそれぞれのレートが表示されます。


初期設定の状態では表示されませんが、パラメーターの値を変更することで4時間足のレンジも表示することができます。


「Waddah_Attar_Strong_Level」によって表示されるレンジは、各時間枠で検出した高値と安値をもとに表示しているものとは異なり、各時間枠の一定期間前の複数の終値をもとにレンジの上限と下限を決定しています。


Waddah_Attar_Strong_Levelを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

Waddah_Attar_Strong_Levelのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


Waddah_Attar_Strong_Level

↓↓↓↓↓インジケーターの導入手順が分からない方は↓↓↓↓↓

MT4のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT4でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法

これでWaddah_Attar_Strong_Levelが表示されました。


Waddah_Attar_Strong_Levelのパラメーター解説


Waddah_Attar_Strong_Levelパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


パラメーターの設定項目はバックテストに関する項目と各時間枠のレンジの表示/非表示を設定する項目が設けられています。


各項目の初期設定値は、「BackTest」がfalse、「DrawMonth」がtrue、「DrawWeek」がtrue、「DrawDay」がtrue、「DrawH4」がfalseに設定されています。


BackTest

バックテスト有効/無効

DrawMonth

月足のレンジを表示

DrawWeek

週足のレンジを表示

DrawDay

日足のレンジを表示

DrawH4

4時間足のレンジを表示


時間枠ごとのレンジの上限と下限を一度に表示したいという方には、ちょうど良いインジケーターなのではないでしょうか。


表示できる時間枠は4種類のみですが、各時間枠における重要な水準を大まかに把握するという目的であれば必要十分なのではないかと思います。


一定期間内の高値/安値をもとにした単純なレンジではないため、このインジケーターによって表示されるレンジが実際の相場でどの程度機能するのか、確認した上で使用することをお奨めします。

XMはMT4から直接取引できます XMはMT4から直接取引できます

関連記事