FXで何やっても勝てなくて、やったコト

トレンドの転換を3種類のアラートで通知するMT4インジケーターを表示する「QQE20Alert20v3」

更新日時:2022年05月08日 13:55

QQE20Alert20v3スクリーンショット


トレンドが転換しているかどうかを分析できるインジケーターがあればと考えたことはないでしょうか。


「QQE20Alert20v3」は、逆張りでエントリーするタイミングを表示するインジケーターで次のような方に向いています。


  1. トレンドの転換を捉えたい方

  2. 逆張りでエントリーしたい方


この記事では、「QQE20Alert20v3」について詳しく解説します。


  1. QQE20Alert20v3の概要
  2. QQE20Alert20v3を表示する方法
  3. QQE20Alert20v3のパラメーター解説
  4. まとめ

QQE20Alert20v3の概要


「QQE20Alert20v3」は、QQEと呼ばれるRSIをベースにしたインジケーターのシグナルだけを表示するインジケーターです。


トレンドが上方転換する可能性がある場合は、上向きの矢印を表示します。


反対に下方転換する可能性がある場合は、下向きの矢印を表示します。


トレンド相場内では、それほどダマしのシグナルが出ることはありませんが、持ち合い相場では注意した方がよいでしょう。


QQE20Alert20v3を表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

QQE20Alert20v3のダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


QQE20Alert20v3


MT4のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT4でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


QQE20Alert20v3のパラメーター解説


QQE20Alert20v3パラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


入力項目 入力内容

QQE_SF

平滑化期間


初期値:1


RSIの平滑化期間を設定します。

QQE_RSI_Period

算出期間


初期値:14


RSIの算出期間を設定します。

QQE_DARFACTOR

補正値


初期値:4.236


移動平均の補正値を設定します。

QQE_Width

マーカーの幅


初期値:1


マーカーの幅を設定します。

QQE_Position

マーカーの位置


初期値:0.5


マーカーを表示する位置を調整します。

EnableSoundAlert

サウンドアラートの有無


初期値:true


falseに設定するとサウンドアラートが無効になります。

EnableVisualAlert

ポップアップアラートの有無


初期値:false


trueに設定するポップアップアラートが有効になります。

EnableEmailAlert

メールアラートの有無


初期値:true


falseに設定するとメールアラートが無効になります。


「QQE_SF」は、RSIを平滑化する期間を設定するための項目です。


大きな値に設定するほど、平滑化の度合いが強くなります。


「QQE_DARFACTOR」は、QQEの補正値を設定するための項目です。


大きな値に設定することQQEの変化が大きくなります。


「EnableSoundAlert」「EnableVisualAlert」「EnableEmailAlert」は、各種アラートの有無を設定するための項目です。


trueに設定するとアラートが有効になり、falseに設定すると無効になります。



まとめ


「QQE20Alert20v3」について解説してきましたが、ポイントをまとめると以下のようになります。


  1. RSIをベースにした逆張り用のインジケーター

  2. エントリーのタイミングを矢印で表示する

  3. 上向きの矢印は買いエントリーのシグナル

  4. 下向きの矢印は売りエントリーのシグナル


「QQE20Alert20v3」は、トレンドの転換を捉えたい方に向いているインジケーターです。


トレンドが転換したかどうかを確認したいときなどにも活用できるでしょう。

関連記事