FXで何やっても勝てなくて、やったコト

ダマしのシグナルを低減したRSIをベースのオシレーターを表示するMT4インジケーター「QQE」

更新日時:2022年05月01日 20:48

QQEスクリーンショット


RSIのダマしのシグナルに悩まされた経験はないでしょうか。


「QQE」は、RSIをベースにしたいインジケーターで、次のような方に向いています。


  1. RSIのダマしのシグナルに悩まされた経験がある方

  2. 逆張りでエントリーするタイミングを分析したい方

  3. 値動きが転換する兆候を分析したい方


以上のような方のためにこの記事では、「QQE」について解説します。


  1. QQEの概要
  2. QQEを表示する方法
  3. QQEのパラメーター解説
  4. まとめ

QQEの概要


「QQE」を起動すると、サブウィンドウ上に紺色の実線と破線が表示されます。


「QQE」では、2本のラインの交差をシグナルとして使用します。


2本のラインが50より上で推移している時に、実線が破線を上から下に抜けた場合は売りのシグナルです。


反対に、2本のラインが50より下で推移している時に、実線が破線を下から上に抜けた場合は買いのシグナル。


シグナルが明確なので、扱いやすいインジケーターといえるでしょう。


このインジケーターでは、持ち合い相場でのダマしのシグナルを低減するために、メイン(実線)のラインに一定以上の変化がない場合、破線は一定のレベルで表示され続けます。


ノイズレベルの小さな反転で、誤ってエントリーしてしまうリスクを抑えられるでしょう。


もちろん、ダマしのシグナルがまったく出ないわけではありません。


特にトレンド相場内で逆張りする場合は、慎重に判断したほうがよいでしょう。


値動きの変化が激しい相場では、シグナルが遅れ気味になるので注意が必要です。


QQEを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

QQEのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


QQE


MT4のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT4でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


QQEのパラメーター解説


QQEパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


「QQE」のパラメーターは、RSIの平滑化期間を設定する項目のみのシンプルな構成になっています。


入力項目 入力内容

SF

平滑化期間


初期値:5


RSIを平滑化する期間を設定します。


「SF」は、RSIを平滑化する期間を設定するための項目です。


大きな値に設定するほど、平滑化の度合いが強くなるため、滑らかなラインが表示されます。


一方で、平滑化期間を長く設定すると、価格への反応が遅くなる可能性があります。


RSIの算出期間は固定されており、パラメーターによる変更はできません。


まとめ


「QQE」について解説してきましたが、ポイントをまとめると以下のようになります。


  1. RSIをベースにしたインジケーター

  2. 2本のラインが50より上で推移している時に、実線が破線を上から下に抜けた場合は売りのシグナル

  3. 2本のラインが50より下で推移している時に、実線が破線を下から上に抜けた場合は買いのシグナル

  4. メインのラインに一定の変化がなければ破線は同じレベルで表示され続ける


「QQE」は、逆張りでエントリーするタイミングを分析したい方に向いているインジケーターです。


先に解説したように、ダマしのシグナルが抑えられているので、RSIのダマしのシグナルに悩まされている方におすすめです。


値動きの転換を捉えたい方は、試してみるとよいでしょう。

関連記事