FXで何やっても勝てなくて、やったコト

トレンドの方向とエントリーのタイミングを表示するMT4インジケーター「StepRSI_v2」

更新日時:2021年01月04日 0:30

StepRSI_v2スクリーンショット


トレンドの方向とエントリーのタイミングを、分析できるインジケーターがあればと考えたことはないでしょうか。


「StepRSI_v2」は、RSIをベースにしたインジケーターで、次のような方に向いています。


  1. トレンドの有無を分析したい方

  2. トレンドの方向を分析したい方

  3. エントリーのタイミングを分析したい方


上記のような方のためにこの記事では、「StepRSI_v2」について解説します。


  1. StepRSI_v2の概要
  2. StepRSI_v2を表示する方法
  3. StepRSI_v2のパラメーター解説
  4. まとめ

StepRSI_v2の概要


「StepRSI_v2」を起動するとサブウィンドウ上にオレンジと水色、マゼンタのラインが表示されます。


オレンジ色のラインは通常のRSIの値を示しており、水色は短期ステップRSI、マゼンタは長期ステップRSIです。


短期ステップRSIと長期ステップRSIは、一定値よりRSIの変化が小さい場合、ラインを水平に表示します。


すべてのラインが上昇している場合は上昇トレンドのシグナル、下降している場合は下降トレンドのシグナルです。


また、ラインがクロスして上から順にオレンジ、水色、マゼンタの順に並んだ場合は、買いのシグナルになります。


ラインの順番が逆になっている場合は売りシグナルになります。


オレンジと水色のラインのみを、使用してエントリーのタイミングを分析するケースもあるようです。


RSIと短期ステップRSIのみで分析する場合は特にダマしのシグナルが多くなるので使用する際は注意した方が良いでしょう。


StepRSI_v2を表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

StepRSI_v2のダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


StepRSI_v2


MT4のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT4でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


StepRSI_v2のパラメーター解説


StepRSI_v2パラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


「StepRSI_v2」のパラメーターは、RSIに関連する3つの項目で構成されています。


入力項目 入力内容

PeriodRSI

RSIの期間


初期値:14


RSIの算出期間を設定します。

StepSizeFast

短期RSIのステップサイズ


初期値:5


短期RSIに反映する最小の変化幅を設定します。

StepSizeSlow

長期RSIのステップサイズ


初期値:15


長期RSIに反映する最小の変化幅を設定します。


「PeriodRSI」はRSIの算出期間を設定するための項目で、長い期間に設定するほど長期的な値動きがインジケーターに反映されます。


「StepSizeFast」は短期のステップサイズを設定するための項目で、ここで設定した値よりも小さなRSIの変化はインジケーターに反映されなくなります。


「StepSizeSlow」は長期のステップサイズを設定するための項目で、「StepSizeFast」と使い方は同じです。


まとめ


「StepRSI_v2」について解説してきましたが、ポイントをまとめると以下のようになります。


  1. ステップ状に変化する3種類のRSIを表示する。

  2. オレンジのラインはRSI、水色のラインは短期ステップRSI、マゼンタのラインは長期ステップRSIの値を示している。

  3. ラインがすべて同じ方向に向かっている場合はトレンド発生のシグナル。


「StepRSI_v2」は、トレンドの方向とエントリーのタイミングを分析したい方に向いているインジケーターです。


実際の取引で使用する前に、十分なテストを実施してシグナルの精度を確認しておいた方が良いでしょう。

関連記事