FXで何やっても勝てなくて、やったコト

CandleStopをブレイクしたローソク足に色を着けて表示するMT5インジケーター「CandleStop_System」

更新日時:2021年04月30日 4:17

CandleStop_Systemスクリーンショット


トレンドの有無を分析できるインジケーターがあればと考えたことはないでしょうか。


「CandleStop_System」は、指定した期間の高値と安値をもとに、チャネルを表示するインジケーターで、次のような方に向いています。


  1. トレンドの有無を分析したい方

  2. トレンドの方向を分析したい方

  3. チャネル系のインジケーターを探している方


この記事では「CandleStop_System」について詳しく解説します。


  1. CandleStop_Systemの概要
  2. CandleStop_Systemを表示する方法
  3. CandleStop_Systemのパラメーター解説
  4. まとめ

CandleStop_Systemの概要


「CandleStop_System」は、CandleStopと呼ばれるチャネルをベースにしたインジケーターです。


「CandleStop_System」は、CandleStopをブレイクしたローソク足に色をつけて表示します。


価格がチャネルを上に抜けた場合には、陽線は水色、陰線は青色で表示します。


反対にチャネルを下に抜けた場合、陽線は紫色、陰線はピンクで表示。


チャネルを頻繁に上に抜ける場合には、相場が上昇トレンドにある可能性を示しています。


チャネルを頻繁に下に抜ける場合には、下降トレンドのシグナルです。


チャネルが高値・安値を提出する期間はパラメーターで変更できるので、分析したいトレンドの長さに合わせて調整すると良いでしょう。


CandleStop_Systemを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

CandleStop_Systemのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


CandleStop_System


MT5のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT5でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


CandleStop_Systemのパラメーター解説


CandleStop_Systemパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


「CandleStop_System」のパラメーターは、5つの項目で構成されています。


入力項目 入力内容

Период поиска для хая

高値の期間


初期値:5


高値を検出する期間を設定します。

Период сдвига для хая

高値期間のシフト


初期値:5


高値を検出する期間のオフセットを設定します。

Период поиска для лоу

安値の期間


初期値:5


安値を検出する期間を設定します。

Период сдвига для хая

安値期間のシフト


初期値:5


安値を検出する期間のオフセットを設定します。

сдвиг индикатора по горизонтали в барах

チャネルのシフト


初期値:0


チャネルのオフセットを設定します。


「Период поиска для хая」「Период поиска для лоу」は、高値と安値の検出期間を設定するための項目です。


大きな値にするほど長期的な高値・安値が検出され、チャネルの変化が緩やかになります。


「Период сдвига для хая」「Период сдвига для хая」は、高値と安値の検出期間のオフセットを設定するための項目です。


設定した値に応じて高値と安値の検出期間が左右に移動します。


まとめ


「CandleStop_System」について解説してきましたがポイントまとめると以下のようになります。


  1. CandleStopをブレイクしたローソク足に色をつけて表示する。

  2. 上に抜けた場合、陽線は水色、陰線は青色で表示される。

  3. 下に抜けた場合、陽線は紫色、陰線はピンクで表示される。


「CandleStop_System」は、トレンドの有無を分析したい方に向いているインジケーターです。


トレンドを捉えたい方は、一度試してみてはいかがでしょうか。

関連記事