FXで何やっても勝てなくて、やったコト

指定した期間の高値/安値をもとにチャネルを表示するMT5インジケーター「CandleStop」

更新日時:2021年04月30日 4:27

CandleStopスクリーンショット


決済注文をどの水準に設定すべきか迷った経験はないでしょうか。


「CandleStop」は、一定期間内の高値/安値をもとにチャネルを表示するインジケーターで次のような方に向いています。


  1. 利益確定水準や損切り水準の目安を分析したい方

  2. 決済注文の水準で迷うことが多い方


上記のような方のためにこの記事では、「CandleStop」について詳しく解説します。


  1. CandleStopの概要
  2. CandleStopを表示する方法
  3. CandleStopのパラメーター解説
  4. まとめ

CandleStopの概要


「CandleStop」を起動すると、チャート上に緑色と赤色のラインが表示されます。


指定した期間内の高値を緑のライン、安値を赤いラインで表示し、中間水準を点線として表示。


高値/安値の変化を観察することは、売りと買いの圧力を把握するための重要な作業です。


目立つ高値/安値は抵抗線や支持線として機能しやすいという特徴があり、損切りの水準や利益確定の水準の目安として使用されるケースも。


「CandleStop」では、高値を検出する期間と安値を検出する期間を、個別に設定することができますが、特に理由がない限りは高値/安値ともに同じ期間に設定しておいた方が良いでしょう。


CandleStopを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

CandleStopのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


CandleStop


MT5のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT5でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


CandleStopのパラメーター解説


CandleStopパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


「CandleStop」のパラメーターは、価格を検出する期間を設定するための項目と、チャネルのオフセットを設定するための項目で構成されています。


入力項目 入力内容

Searching period for the high

高値の期間


初期値:5


高値を検出する期間を設定します。

Searching period for the low

安値の期間


初期値:5


安値を検出する期間を設定します。

Horizontal shift of the indicator in bars

チャネルのシフト


初期値:0


チャネルのオフセットを設定します。


「earching period for the high」「Searching period for the low」は、それぞれ高値と安値を検出する期間を設定するための項目です。


期間を長く設定するほどチャネルの変化が緩やかになります。


「Horizontal shift of the indicator in bars」は、チャネルの表示位置を設定するための項目です。


正の値を入力するとチャネルが右に移動し、負の値を入力すると左に移動します。


まとめ


「CandleStop」について解説してきましたが、ポイントをまとめると以下のようになります。


  1. 一定期間内の高値/安値をチャネルとして表示する。

  2. 高値を緑のライン、安値を赤いラインで表示し、中間の水準を点線として表示する。


「CandleStop」は、利益確定水準や損切り水準の目安を分析したい方に向いているインジケーターです。


決済注文の水準で迷うことが多い方は、導入を検討してみると良いでしょう。

関連記事