FXで何やっても勝てなくて、やったコト

過去の高値/安値と現在の価格を比較するトレンド系MT5インジケーター「DNC」

更新日時:2019年01月07日 17:24

DNCスクリーンショット


トレンドフォロー系の手法は苦手だが、トレードの選択肢を増やす為にマスターしたいという方もいるのではないかと思いますが、苦手の原因が自分に合ったインジケーターを使用していなかったことによるものであった場合、使用するインジケーターを変更することで改善できるかもしれません。


この記事で紹介するDNC(Donchian Channel)は、Richard Donchianによって考案されたトレンドフォロー型のインジケーターで、Top・Bottom・Middleの3本のラインで構成されるインジケーターで、Topは指定した期間の最高値、Bottomは指定した期間の最安値をそれぞれ示したラインで、MiddleはTopとBottomの中間に当たる水準をラインとして表示したものです。


DNCを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

DNCのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


DNC

↓↓↓↓↓インジケーターの導入手順が分からない方は↓↓↓↓↓

MT5のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT5にインジケーターをインストール(追加)する方法

これでDNCが表示されました。


DNCのパラメーター解説


DNCパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


Period

DNCを算出する期間

Analyze current bar

現在の価格を計算に使用する

Show middle line

ミドルライン表示の有無


このインジケーターの標準のパラメーター設定では、「Analyze current bar」が「Yes」になっており、そのままではすべてのローソク足がドンチャン・チャネルの内側に収まり、シグナルを全く発しない状態になっている為、最初にパラメーターの「Analyze current bar」を「No」にすることをおススメします。


国内のFX業者のチャートシステムではあまり見かけないドンチャン・チャネルですが、国外では割と人気があるようです。


こういった様々なインジケーターを試すことが出来るのもMT5を使用するメリットとの1つと言って良いと思います。

関連記事