FXで何やっても勝てなくて、やったコト

マルチタイムフレーム分析できるチャネルを表示するMT5インジケータ-「Tymen_STARC_Bands_MTF」

更新日時:2021年04月02日 19:39

Tymen_STARC_Bands_MTFスクリーンショット


マルチタイムフレーム分析ができるチャネル系のインジケーターを使ってみたいと考えたことはないでしょうか。


「Tymen_STARC_Bands_MTF」は、移動平均線とATRを組み合わせたチャネルを複数の時間枠で表示するインジケーターで、次のような方に向いています。


  1. マルチタイムフレーム分析を行っている方

  2. ボラティリティの変化に対応可能なチャネルを探している方


この記事では、「Tymen_STARC_Bands_MTF」について詳しく解説します。


  1. Tymen_STARC_Bands_MTFの概要
  2. Tymen_STARC_Bands_MTFを表示する方法
  3. Tymen_STARC_Bands_MTFのパラメーター解説
  4. まとめ

Tymen_STARC_Bands_MTFの概要


「Tymen_STARC_Bands_MTF」を起動すると、チャート上に3種類のチャネルが表示されます。


ATRが使用されているため、相場のボラティリティに合わせてチャネルの幅も変化します。


表示されるラインの数が多いため、人によっては使いづらいと感じる可能性がありますが、パラメーターで不要な時間枠のバンドを非表示にすることも可能です。


Tymen_STARC_Bands_MTFを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

Tymen_STARC_Bands_MTFのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


Tymen_STARC_Bands_MTF


MT5のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT5でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


Tymen_STARC_Bands_MTFのパラメーター解説


Tymen_STARC_Bands_MTFパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


入力項目 入力内容

Drawing mode

表示方法


初期値:DRAW_MODE_STEPS


Tymen_STARC_Bands_MTFの表示方法を設定します。

Show middle line

中央線を表示する


初期値:INPUT_YES


NOに設定すると中央線が非表示になります。

Show first Tymen_STARC_Bands

1番目のTymen_STARC_Bandsを表示する


初期値:INPUT_YES


NOに設定すると1番目のバンドが非表示になります。

First bands timeframe

1番目のTymen_STARC_Bandsの時間枠


初期値:PERIOD_H1


1番目のバンドを算出する時間枠を設定します。

First ATR period

1番目のATRの期間


初期値:15


1番目のATRの算出期間を設定します。

First MA period

1番目の移動平均の期間


初期値:6


1番目の移動平均の算出期間を設定します。

First bands Method

1番目の移動平均の計算方法


初期値:METHOD_EMA


1番目の移動平均の種類を設定します。

First bands Applied price

1番目の移動平均の適用価格


初期値:PRICE_CLOSE


1番目の移動平均の算出に用いる価格を設定します。

First bands ATR coefficient

1番目の外部ATR係数


初期値:1.0


1番目の外部バンドの幅を設定します。

First bands ATR middle coefficient

1番目の内部ATR係数


初期値:0.7


1番目の内部バンドの幅を設定します。

Show second Tymen_STARC_Bands

2番目のTymen_STARC_Bandsを表示する


初期値:INPUT_YES


NOに設定すると2番目のバンドが非表示になります。

Second bands timeframe

2番目のTymen_STARC_Bandsの時間枠


初期値:PERIOD_H4


2番目のバンドを算出する時間枠を設定します。

Second ATR period

2番目のATRの期間


初期値:15


2番目のATRの算出期間を設定します。

Second MA period

2番目の移動平均の期間


初期値:6


2番目の移動平均の算出期間を設定します。

Second bands Method

2番目の移動平均の計算方法


初期値:METHOD_EMA


2番目の移動平均の種類を設定します。

Second bands Applied price

2番目の移動平均の適用価格


初期値:PRICE_CLOSE


2番目の移動平均の算出に用いる価格を設定します。

Second bands ATR coefficient

2番目の外部ATR係数


初期値:1.0


2番目の外部バンドの幅を設定します。

Second bands ATR middle coefficient

2番目の内部ATR係数


初期値:0.7


2番目の内部バンドの幅を設定します。

Show Third Tymen_STARC_Bands

3番目のTymen_STARC_Bandsを表示する


初期値:INPUT_YES


NOに設定すると3番目のバンドが非表示になります。

Third bands timeframe

3番目のTymen_STARC_Bandsの時間枠


初期値:PERIOD_D1


3番目のバンドを算出する時間枠を設定します。

Third ATR period

3番目のATRの期間


初期値:15


3番目のATRの算出期間を設定します。

Third MA period

3番目の移動平均の期間


初期値:6


3番目の移動平均の算出期間を設定します。

Third bands Method

3番目の移動平均の計算方法


初期値:METHOD_EMA


3番目の移動平均の種類を設定します。

Third bands Applied price

3番目の移動平均の適用価格


初期値:PRICE_CLOSE


3番目の移動平均の算出に用いる価格を設定します。

Third bands ATR coefficient

3番目の外部ATR係数


初期値:1.0


3番目の外部バンドの幅を設定します。

Third bands ATR middle coefficient

3番目の内部ATR係数


初期値:0.7


3番目の内部バンドの幅を設定します。


「Drawing mode」は、Tymen_STARC_Bands_MTFの表示方法を設定するための項目です。


STEPSに設定した場合、階段状にバンドが表示され、SLOPEに設定すると曲線で表示されます。


「First bands timeframe」は、1番目のバンドを算出する時間枠を設定するための項目で、チャートの設定に関わらず、ここで設定した時間枠で計算が実行されます。


「Second bands timeframe」「Third bands timeframe」についても同様です。


まとめ


「Tymen_STARC_Bands_MTF」の特徴をまとめると以下のようになります。


  1. 移動平均線とATRをベースにしたチャネルを3種類表示する。

  2. 各チャネルは算出する時間枠を個別に設定できる。


「Tymen_STARC_Bands_MTF」は、マルチタイムフレーム表示に対応したチャネルを探している方に適したインジケーターです。


メジャーなインジケーターではないため、実際のトレードでどの程度機能するのか、十分に検証した上で使用した方が良いでしょう。

関連記事