FXで何やっても勝てなくて、やったコト

オリジナルのドンチャン・チャネルのルールを使用したMT5インジケーター「VR_Donchain_Lite」

更新日時:2021年05月19日 22:13

VR_Donchain_Liteスクリーンショット


トレンド相場向けのチャネルを試してみたいと考えたことはないでしょうか。


「VR_Donchain_Lite」は、ドンチャン・チャネルを表示するインジケーターで、次のような方に向いています。


  1. トレンドの有無を分析したい方

  2. イグジットする水準を分析したい方


この記事では「VR_Donchain_Lite」について詳しく解説します。


  1. VR_Donchain_Liteの概要
  2. VR_Donchain_Liteを表示する方法
  3. VR_Donchain_Liteのパラメーター解説
  4. まとめ

VR_Donchain_Liteの概要


ドンチャン・チャネルとは、指定した期間中の最高値を表示するアッパーラインと、最安値を表示するロアーライン、その中間を示すラインで構成されるチャネルです。


アッパーラインに価格が接近している場合、買われ過ぎの状態であることを示しています。


ロアーラインに価格が接近している場合は、売られ過ぎの状態です。


ドンチャン・チャネルの使い方には、いくつかのバリエーションがありますが、「VR_Donchain_Lite」は、基本的なルールに則ったドンチャン・チャネルを表示します。


中間ラインの上で、価格が推移している場合は上昇トレンド、価格が中間ラインの下で推移している場合は下降トレンドが発生した可能性を示しているとされていますが、この方法にはレンジ相場で機能しないという欠点も。


「VR_Donchain_Lite」では、直近のローソク足の高値と安値が、前の足の高値と安値をそれぞれ上回った場合に上昇トレンドと判断するという古典的なルールを用います。


下降トレンドの場合には上記の逆になります。


また、ロングポジションを保有している場合、アッパーラインが利益確定水準、ロアーラインは損切水準の目安として使用され、ショートポジションを保有している場合はその逆になります。


VR_Donchain_Liteを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

VR_Donchain_Liteのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


VR_Donchain_Lite


MT5のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT5でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


VR_Donchain_Liteのパラメーター解説


VR_Donchain_Liteパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


入力項目 入力内容

Period

ドンチャン・チャネルの期間


初期値:24


ドンチャン・チャネルの算出期間を設定します。

UpperLine

アッパーラインの色


初期値:clrBlue


アッパーラインの表示色を指定します。

LowerLine

ロワーラインの色


初期値:clrRed


ロワーラインの表示色を指定します。

AverageLine

中間ラインの色


初期値:clrGreen


中間ラインの表示色を指定します。


「Period」は、「VR_Donchain_Lite」の算出期間を設定するための項目です。


設定した値に応じて、高値と安値を検出する期間が変化します。


「UpperLine」「LowerLine」「AverageLine」は、各ラインの表示色を設定するための項目です。


ラインが見えにくい場合は、見やすい色に変更しましょう。


まとめ


「VR_Donchain_Lite」について解説してきましたが、ポイントをまとめると以下のようになります。


  1. 一定期間中の最高値と最安値をもとにチャネルを表示する。

  2. ローソク足が中間ラインの上で推移し、前のローソク足の高値・安値を更新している場合は上昇トレンドのシグナル。

  3. アッパーラインとロワーラインは、イグジットの目安として使用する。


「VR_Donchain_Lite」は、トレンド相場用のチャネルを探している方に向いているインジケーターです。


シンプルなドンチャン・チャネルのルールにもとづいてトレードしている方は、導入を検討してみると良いでしょう。

関連記事