FXで何やっても勝てなくて、やったコト

損切りの目安をチャネルで表示するMT5インジケーター「pricechannel_stop」

更新日時:2021年11月08日 22:09

pricechannel_stopスクリーンショット


エントリーのタイミングと損切りの水準を分析できるインジケーターがあればと考えたことはないでしょうか。


「pricechannel_stop」は、損切りの目安を表示するインジケーターで次のような方に向いています。


  1. トレンド相場での損切りの目安を分析したい方

  2. エントリーのタイミングを分析したい方


この記事では「pricechannel_stop」について詳しく解説します。


  1. pricechannel_stopの概要
  2. pricechannel_stopを表示する方法
  3. pricechannel_stopのパラメーター解説
  4. まとめ

pricechannel_stopの概要


「pricechannel_stop」は一定期間中の価格を比較して、損切り水準を表示するインジケーターです。


黄緑色のチャネルは、買いポジションの損切り水準を示しています


赤紫色のチャネルは、売りポジションの損切り水準です。


また、大きいドットはエントリーのタイミングを示しています。


レンジ相場ではダマしのシグナルを頻発するので、使用する際は注意しましょう。


pricechannel_stopを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

pricechannel_stopのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


pricechannel_stop


MT5のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT5でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


pricechannel_stopのパラメーター解説


pricechannel_stopパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


入力項目 入力内容

ChannelPeriod

算出期間


初期値:5


価格を比較する期間を設定します。

Risk

リスク


初期値:0.10


ストップの距離を設定します。

Signal

シグナルの表示・非表示


初期値:true


falseに設定するとシグナルが非表示になります。

Line

ストップラインの表示・非表示


初期値:true


falseに設定するとストップラインが非表示になります。


「ChannelPeriod」は、「pricechannel_stop」の算出期間を設定するための項目です。


大きな値に設定すると、価格を比較する期間が長くなり、長期的な値動きにもとづくストップが表示されます。


「Risk」は、チャネルの幅を設定するための項目です。


大きな値に設定するとチャネルがローソク足から離れた位置に表示され、小さな値に設定するとローソク足に近い位置に表示されます。


「Signal」は、シグナルを表示するか否かを設定するための項目です。


trueに設定するとシグナルドットが表示され、falseに設定するとドットが非表示になります。


「Line」は、ラインを表示するか否かを決定するための項目です。


trueに設定するとラインが表示され、falseに設定するとラインが非表示になります。


まとめ


「pricechannel_stop」について解説してきましたがポイントをまとめると以下のようになります。


  1. ストップの水準を表示する

  2. 緑色のチャネルは買いポジションの損切り水準

  3. 赤紫色のチャネルは売りポジションの損切り水準

  4. 大きいドットはエントリーのシグナル


「pricechannel_stop」は、エントリーのタイミングと損切りの目安を分析したい方に向いているインジケーターです。


トレンドフォロー型の手法を使用している方であれば、活用できる場面があるのではないでしょうか。

関連記事