FXで何やっても勝てなくて、やったコト

ローソク足が完成するまでの時間を表示するMT5インジケーター「bartimer」

更新日時:2022年01月19日 15:55

bartimerスクリーンショット


ローソク足が完成するまでの時間をチャート上に表示できればと考えたことはないでしょうか。


「bartimer」は、現在のローソク足が形成されてからの経過時間を表示するインジケーターで、次のような方に向いています。


  1. ローソク足が完成するまでの時間をチャート上で確認できる状態にしておきたい方

  2. ローソク足が完成したからエントリーしている方


以上のような方のためにこの記事では、「bartimer」について解説します。


  1. bartimerの概要
  2. bartimerを表示する方法
  3. bartimerのパラメーター解説
  4. まとめ

bartimerの概要


「bartimer」を起動すると、チャートの左下に数字とスケールが表示されます。


表示されている数字は、ローソク足が完成するまでの時間の内、何%の時間が経過したのかを表示したものです。


1時間足チャートを表示している場合、直近のローソク足が表示されてから30分経過すると50%、1時間経過すると100%になり、表示がリセットされます。


数字の左側に表示されているスケールは、数字と連動して表示されます。


bartimerを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

bartimerのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


bartimer


MT5のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT5でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


bartimerのパラメーター解説


bartimerパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


入力項目 入力内容

Location corner

表示位置


初期値:CORNER_LEFT_LOWER


インジケーターを表示するコーナーを設定します。

Font type

フォントの種類


初期値:Arial


インジケーターに適用するフォントを指定します。

Font size

テキストの大きさ


初期値:14


テキストのサイズを設定します。

Text color

テキストの表示色


初期値:Red


テキストに適用する色を設定します。

X distance from the reference angle

水平方向の表示位置


初期値:250


インジケーターの表示位置を左右に調整します。

Y distance from the reference angle

垂直方向の表示位置


初期値:0


インジケーターの表示位置を上下に調整します。


「Location corner」は、インジケーターをチャート上のどのコーナーに表示するのかを設定するための項目です。


初期設定では左下の角が指定されていますが、左上や右上、右下に変更できます。


「Font type」は、インジケーターに適用するフォントを設定するための項目です。


フォント名を入力して変更します。


「Font size」は、テキストのサイズを設定するための項目です。


大きな値に設定するほど、インジケーターの表示が大きくなります。


「X distance from the reference angle」は、インジケーターの水平方向の表示位置を調整するための項目です。


設定した値に応じて、インジケーターの表示位置が左右に移動します。


「Y distance from the reference angle」は、インジケーターの垂直方向の表示位置を調整するための項目です。


設定した値に応じて表示位置が上下に移動します。


まとめ


「bartimer」の特徴をまとめると以下のようになります。


  1. 始値からの経過時間を表示

  2. 時間そのものも表示するのではなく、ローソク足が形成されるまでの時間の内、何%の時間が経過したのかを表示


「bartimer」は、ローソク足が完成するまでの時間を確認できる状態にしておきたい方に向いているインジケーターです。


ローソク足が完成してからエントリーするトレーダーであれば、活用できる場面があるのではないでしょうか。

関連記事