FXで何やっても勝てなくて、やったコト

ATRとストキャスティクスをもとにトレーリングストップに使えるラインを表示するMT4インジケーター『BrainTrend2_all_in_one』

更新日時:2020年04月13日 23:17

BrainTrend2_all_in_oneスクリーンショット


トレーリングストップは損失を抑えつつ、利益を伸ばせることから広く利用されている損切方法です。


「BrainTrend2_all_in_one」は、トレーリングストップの目安として使えるインジケーターで、次のような方に向いています。


  1. トレンド相場で可能な限り利益を伸ばしたい方

  2. トレンドに合わせて段階的に損切り水準を調整したい方


この記事では以上のような方のために、「BrainTrend2_all_in_one」について解説します。


  1. BrainTrend2_all_in_oneの概要
  2. BrainTrend2_all_in_oneを表示する方法
  3. BrainTrend2_all_in_oneのパラメーター解説
  4. まとめ

BrainTrend2_all_in_oneの概要


「BrainTrend2_all_in_one」は、ATRとストキャスティクスをもとに、トレーリングストップに使える、トレンドに追従するラインをローソク足の上または下に表示するMT4用のインジケーターです。


市場が上昇局面であればローソク足の下に水色のラインを引き、市場が下降局面であればローソク足の上にピンク色のラインを引きます。


このインジケーターは、海外で人気の「BrainTrend」という手法をもとに作成されたインジケーターシリーズの1つで、以前紹介した「BrainTrend1_all_in_one」のバージョン2です。


このインジケーターでは、「BrainTrend1_all_in_one」と比べ、より厳しい(価格に近い)ラインが引かれ、一定方向のラインが継続しなくなっています。


画像のラインは、ピンクと水色のラインが「BrainTrend1_all_in_one」で、赤と青のラインが「BrainTrend2_all_in_one」ですが、より厳しいストップロスになるよう価格に近いラインが引かれるようになっており、一定方向へのラインがあまり継続しなくなっているのが分かるかと思います。


「BrainTrend」手法の詳細なルール等は割愛させていただくので、気になる方は各自調べてみてください。


BrainTrend2_all_in_oneを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

BrainTrend2_all_in_oneのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


BrainTrend2_all_in_one


MT4のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT4でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


BrainTrend2_all_in_oneのパラメーター解説


BrainTrend2_all_in_oneパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


入力項目 入力内容

NumBars

バーカウント


初期値:0


インジケーターを表示する範囲を設定します。

spread_eq_0

スプレッドを0として計算する


初期値:false


trueに設定した場合はインジケーターにスプレッドが反映されます。


「NumBars」は、インジケーターを表示する期間をバーの数で設定するための項目で、0に設定した場合はチャート全体にインジケーターを表示します。


「spread_eq_0」は、インジケーターにスプレッドを適用するかどうかを設定するための項目で、trueに設定した場合はブローカーの提示しているスプレッドがインジケーターに反映されます。


以前紹介した「BrainTrend1_all_in_one」ではATRとストキャスティクスのパラメーターの設定ができましたが、このインジケーターでは出来なくなっています。


まとめ


「BrainTrend2_all_in_one」の特徴をまとめると以下のようになります。


  1. ATRとストキャスティクスがベースになっている。

  2. トレーリングストップのような損切水準をチャートに表示する。

  3. 上昇局面では水色のライン、下降局面ではピンクのラインを表示する。


「BrainTrend2_all_in_one」は、トレンド相場で可能な限り利益を伸ばしたい方に向いているインジケーターです。


以前紹介した「BrainTrend1_all_in_one」ではATRとストキャスティクスのパラメーターの設定ができましたが、このインジケーターでは出来なくなっています。


「BrainTrend1_all_in_one」と比べ、ストップロスを厳しく置けるので損失が少なく済みますが、一定方向のラインが継続しなくなっているので、大きな利幅を狙いにくくなっていますので、お好みで使い分けると良いでしょう。


また、トレンド追従型のインジケーターなので、レンジ相場とは相性が悪くダマしシグナルが頻発してしまい、短い足でもダマしのシグナルが頻発してしまうので、出来るだけ長い時間足で使用すると良いかと思います。


気になった方は「BrainTrend」手法について調べたうえで、このインジケーターを試してみてはいかがでしょうか。

関連記事