FXで何やっても勝てなくて、やったコト

ATRを用いたチャネルを表示するMT4インジケーター「STARC_Bands」

更新日時:2020年11月14日 23:54

STARC_Bandsスクリーンショット


ボラティリティが大きく変化し、チャネルが機能しなくなってしまったという経験はないでしょうか。


「STARC_Bands」はボラティリティの変化に対応可能なチャネルを表示するインジケーターで、次のような方に向いています。


  1. ボラティリティの変化が激しい相場で取引している方

  2. チャネルを用いた手法で取引している方


上記のような方のためにこの記事では、「STARC_Bands」について詳しく解説します。


  1. STARC_Bandsの概要
  2. STARC_Bandsを表示する方法
  3. STARC_Bandsのパラメーター解説
  4. まとめ

STARC_Bandsの概要


インジケーターを起動すると、チャート上に赤いの貰い手チャンネルが表示されます。


「STARC_Bands」は移動平均線とATRをもとにチャネルを表示しており、以下のような方法で算出されます。


MiddleLine=「MA_Period」期間指数平滑移動平均


UpperLine=MiddleLine+(「KATR」×ATR)


LowerLine=MiddleLine-(「KATR」×ATR)


ATRと係数によってチャネルの幅が決まるため、ボラティリティの変化にも対応できる点がこのインジケーターの最大の特徴です。


STARC_Bandsを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

STARC_Bandsのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


STARC_Bands


MT4のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT4でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


STARC_Bandsのパラメーター解説


STARC_Bandsパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


「STARC_Bands」のパラメーターは、移動平均線に関する項目とATRに関する項目、チャネルラインの表示色を設定するための項目で構成されています。


入力項目 入力内容

MA_Period

移動平均線の算出期間


初期値:13


チャネルの反応速度が変化します。

ATR_Period

ATRの算出期間


初期値:21


ATRの算出期間を設定します。

KATR

ATR係数


初期値:1.5


チャネルの幅が変化します。

Shift

シフト


初期値:1


インジケーターのオフセットを設定します。

UpperColor

アッパーラインの色


初期値:Red


アッパーラインの表示色を設定します。

MiddleColor

ミドルラインの色


初期値:Red


ミドルラインの表示色を設定します。

LowerColor

ロワーラインの色


初期値:Red


ロワーラインの表示色を設定します。


「MA_Period」はチャネルの基準となる移動平均線の算出を設定するための項目です。


小さな値に設定すると価格に対するチャネルの反応が俊敏になり、大きな値に設定すると反応が緩やかになります。


「KATR」はATRに乗算する係数を設定するための項目です。


大きな値に設定するとチャネルの幅が広くなり、小さな値に設定すると狭くなります。


「UpperColor」「MiddleColor」「LowerColor」は、チャネルラインの表示色を設定するための項目です。


「MiddleColor」についてはチャート上に表示されないため、パラメーターを変更してもインジケーターは変化しませんので留意しておきましょう。


まとめ


「STARC_Bands」について解説してきましたが、ポイントをまとめると以下のようになります。


  1. 移動平均線とATRをベースにしたチャネルを表示する。

  2. 相場のボラティリティによって幅が変化する。


「STARC_Bands」は、ボラティリティの変化に対応可能なチャネルを探している方に向いているインジケーターです。


ボラティリティの変化が激しい相場で取引している方は、導入を検討してみてはいかがでしょうか。

関連記事