FXで何やっても勝てなくて、やったコト

hodrick-prescott_filterを用いたチャネルを表示するMT4インジケーター「vhpchannel_03」

更新日時:2019年07月22日 09:38

vhpchannel_03スクリーンショット


チャート上にチャネルを表示するインジケーターには、様々な種類がありますが「vhpchannel_03」はhodrick-prescott_filterを用いて、価格チャンネルを表示するインジケーターです。


インジケーターを起動するとオレンジの実線でHP、オレンジの点線でHPslow、チャネルの上限と下限はオレンジの太い実線で表示され、上限と下限はHPslowの標準偏差を算出して決定されます。


チャート右下には、スプレッドの値とチャネルに対するHPの割合を示す値が表示されますが、これらの表示位置はダブルクリックすることで、自由に変更することができます。


vhpchannel_03を表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

vhpchannel_03のダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


vhpchannel_03

↓↓↓↓↓インジケーターの導入手順が分からない方は↓↓↓↓↓

MT4のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT4でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法

これでvhpchannel_03が表示されました。


vhpchannel_03のパラメーター解説


vhpchannel_03パラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


パラメーターは「InpHPPeriodFast」「InpHPPeriodSlow」「FontColor」の3項目で構成され、初期設定の値は「InpHPPeriodFast」が21、「InpHPPeriodSlow」が100、「FontColor」がclrYellowに設定されています。


InpHPPeriodFast

HPのフィルタリング期間

InpHPPeriodSlow

HPslowのフィルタリング期間

FontColor

フォントの色


開発者によると価格を平滑化する場合、平滑化期間が長くなれば長くなるほど、インジケーターの反応は価格に対して遅れていきますが、hodrick-prescott_filterを用いてフィルタリングした場合は、その遅延が小さくなるとのことです。


また、開発者は「vhpchannel_03」は、スキャルピング向けのインジケーターであるため、長い時間枠での使用は推奨しないと述べています。


実際の相場でどの程度うまく機能するのか、十分にテストした上で使用することをお奨めします。

XMはMT4から直接取引できます XMはMT4から直接取引できます

関連記事