FXで何やっても勝てなくて、やったコト

ドンチャンチャネルと傾きによって色が変化する移動平均線をバンドのように表示するMT4インジケーター『Low-high bands』

更新日時:2018年12月03日 07:05

lowhighbandsトップ画像.png


MT4のインジケーターである『Low-high bands』は、トレンドの方向を示唆し売買タイミングを見分けることのできる「ドンチャンチャネル」の表示し、さらに傾きによって色が変化する移動平均線も表示するインジケーターで、トレンドフォロー型のトレードをすることができます。


ちなみにドンチャンチャネルとは、リチャード・ドンチャンが考案した分析方法で、ある期間の最高値と最安値をラインで表示し、さらにそれらの中心線を表示することによって、トレンドの方向性や売買のタイミングが判断しやすいのが特徴のテクニカル指標です。


「Low-high bands」では、このドンチャンチャネルに加えて任意の移動平均線を表示できるため、トレンドを意識したトレードが非常にしやすくなっています。


今回は、この「Low-high bands」をMT4で表示する方法とそのパラメーターについて解説していきます。


インジケーターの入手・表示


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

Low-high bandsのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


Low-high bands

↓↓↓↓↓インジケーターの導入手順が分からない方は↓↓↓↓↓

MT4のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT4でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法

これでチャート上にドンチャンチャネルと移動平均線が表示されました。


Low-high bandsのパラメーター解説


Low-high bandsのパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


High low period

ドンチャンチャネルの期間

Average period

移動平均線の期間

Average method

移動平均線の種類

Color for up

上昇時の移動平均線の色

Color for down

下降時の移動平均線の色

Color for neutral

横ばい時の移動平均線の色

Lines width

移動平均線の太さ


デフォルトではドンチャンチャネルと移動平均線の期間は8になっているので、多くのトレーダーが意識している値や普段使っている設定に変更するとよいかと思います。

XMはMT4から直接取引できます XMはMT4から直接取引できます

関連記事