FXで何やっても勝てなくて、やったコト

ドンチャンチャネルと傾きによって色が変化する移動平均線をバンドのように表示するMT4インジケーター『Low-high bands』

更新日時:2019年11月07日 12:08

lowhighbandsトップ画像.png


「Low-high bands」は、移動平均線とドンチャンチャネルを表示するインジケーターです。


「Low-high bands」は、次のような方に向いています。


  1. トレンドの方向を調べたい方

  2. トレンド相場でのエントリーのタイミングを知りたい方


以上のような方のために、「Low-high bands」の使用方法やパラメーターの設定方法について解説していきます。


  1. Low-high bandsの概要
  2. Low-high bandsを表示する方法
  3. Low-high bandsのパラメーター解説
  4. まとめ

Low-high bandsの概要


インジケーターを起動すると、ドンチャンチャネルの上限が緑色の破線、下限が赤色の破線、チャネルの中間水準が銀色の破線で表示されます。


「Low-high bands」は、トレンドの方向を示唆し売買タイミングを見分けることのできる「ドンチャンチャネル」の表示し、さらに傾きによって色が変化する移動平均線も表示するインジケーターで、トレンドフォロー型のトレードをすることができます。


移動平均線は上昇している場合は緑色で表示され、下降している場合はピンクで表示されます。


ドンチャンチャネルとは、リチャード・ドンチャンが考案した分析方法で、ある期間の最高値と最安値をラインで表示し、さらにそれらの中心線を表示することによって、トレンドの方向性や売買のタイミングが判断しやすいのが特徴のテクニカル指標です。


「Low-high bands」では、このドンチャンチャネルに加えて任意の移動平均線を表示することで、トレンドを意識したトレードがしやすくなっています。


インジケーターの使い方は、通常の移動平均線とドンチャンチャネルの使用方法に準じており、移動平均線でトレンドの方向を確認して、ドンチャンチャネルでエントリーの水準を判断します。


Low-high bandsを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

Low-high bandsのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


Low-high bands


MT4のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT4でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


Low-high bandsのパラメーター解説


Low-high bandsのパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


「Low-high bands」のパラメーターは、チャネルや移動平均線の算出期間を設定する項目と、各ラインの表示色を設定する項目で構成されています。


入力項目 入力内容

HlPeriod

チャネルの算出期間


初期値:8


値を大きくするほど長い期間の高値や安値をもとにチャンネルを表示します。

AvgPeriod

移動平均の算出期間


初期値:8


値を大きくすると価格に対する移動平均線の反応が緩やかになります。

AvgType

移動平均の算出方法


初期値:avgEma


価格に対する移動平均線の反応速度が変化します。

colorUp

移動平均線が上昇した時の色


初期値:clrLimeGreen


移動平均線が上昇したときの色が変化します。

colorDown

移動平均線が下降した時の色


初期値:clrOrangeRed


移動平均線が下降した時の色が変化します。

colorNeutral

チャネルの中間水準の色


初期値:clrSilver


チャネルの中間水準の色が変化します。

colorShadow

移動平均線の輪郭の色


初期値:clrDimGray


移動平均線の輪郭の色が変化します。

linesWidth

移動平均線の太さ


初期値:3


移動平均線の太さが変化します。


初期設定の状態の「AvgType」は、指数平滑移動平均に設定されていますが、単純移動平均、平滑移動平均、加重移動平均の全4種類の算出方法から選択することができます。


ドンチャンチャネルと移動平均線の期間は8になっているので、多くのトレーダーが意識している値や普段使っている設定に変更するとよいかと思います。


まとめ


「Low-high bands」を使用する上でのポイントをまとめると以下のようになります。


  1. 移動平均線でトレンドの方向を確認。

  2. ドンチャンチャネルでエントリーの水準を確認。


「Low-high bands」は、トレンド相場でのエントリー水準やタイミングを、調べたい方に向いているインジケーターです。


また、普段から移動平均線とドンチャンチャネルを組み合わせて使用している方は、ひとつのインジケーターで両方を表示できるため、「Low-high bands」の導入を検討してみても良いのではないでしょうか。

レバレッジ888倍!
業界No1のボーナス制度!

最大レバレッジ888倍!口座開設時3000円、最大総額5000ドル(約70万円相当)の手厚いボーナスに加え、万一の急変もゼロカットシステムで追証無しの万全の安心感!


リクォート・注文拒否ナシ!全注文の99.35%が1秒以内に執行、高い約定力に定評あり!ほぼ全通貨に対しスプレッドがゼロの『XMZero口座』も登場!

口座開設はコチラ

MT4スプレッド
世界最狭水準

OANDA JAPANは、MT4ブローカーの中でも世界最狭水準のスプレッドと高い約定力が大きな魅力です。日本の証券会社でMT4を使いたいならイチオシの証券会社です。


10万通貨以上の取引+20万円以上の入金で、世界中のトレーダーのポジションが分かるMT4専用インジケーター『オープンオーダーインジケーター』がもらえます!

口座開設はコチラ

関連記事