FXで何やっても勝てなくて、やったコト

標準偏差にもとづくチャネルと高値・安値にもとづくラインで相場の反転を予測するMT4インジケーターを表示する「tangoline_v1.1」

更新日時:2020年07月15日 5:16

tangoline_v1.1スクリーンショット


チャネル系のインジケーターといえば、ボリンジャーバンドが有名ですが、他のチャネルも試してみたいと考えたことはないでしょうか。


「tangoline_v1.1」は、相場の反転を捉えるためのチャネルを表示するインジケーターで、次のような方に向いています。


  1. 値動きの転換を捉えたい方


以上のような方のためにこの記事では、「tangoline_v1.1」について解説します。


  1. tangoline_v1.1の概要
  2. tangoline_v1.1を表示する方法
  3. tangoline_v1.1のパラメーター解説
  4. まとめ

tangoline_v1.1の概要


「tangoline_v1.1」を起動すると、tangolineがピンクの実線、中間ラインが紫の実線、チャネルの上限と下限がグレーの破線で表示されます。


tangolineは、検出した高値と安値を合計して2で除算した値を示すラインで、中間ラインは移動平均線です。


チャネルの上限と下限は、この移動平均線をもとに算出した標準偏差で、ボリンジャーバンドと類似しています。


「tangoline_v1.1」の中間ラインと上限と下限は、ボリンジャーバンドのように使用できます。


tangolineは、値動きの転換を分析する際に用いられるラインで、tangolineが中間ラインを下から上に抜けた場合は、値動きが下降から上昇に転じた可能性を示しており、反対にtangolineが中間ラインを上から下に抜けた場合は、値動きが上昇から下降に転じた可能性を示しています。


tangoline_v1.1を表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

tangoline_v1.1のダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


tangoline_v1.1


MT4のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT4でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


tangoline_v1.1のパラメーター解説


tangoline_v1.1パラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


入力項目 入力内容

Period

インジケーターの算出期間


初期値:20


チャネルの算出期間を設定します。

Noise Filter

ノイズフィルターの閾値


初期値:5


ノイズフィルターの効き具合を設定します。

Tango Line Color

Tango Lineの色


初期値:DeepPink


Tango Lineの表示色を設定します。

Middle Line Color

中間ラインの色


初期値:DarkViolet


中間ラインの表示色を設定します。

Band Color

チャネルの上限と下限の色


初期値:Gray


チャネルの表示色を設定します。

Bands Deviations

チャネルの偏差


初期値:2.0


チャネルの幅が変化します。


「Period」は、チャネルの算出期間を設定するための項目で、大きな値に設定すると長期的な値動きが反映されます。


「Bands Deviations」は、チャネルの偏差を設定するための項目で、大きな値に設定するとチャネルの幅が広くなります。


まとめ


「tangoline_v1.1」にいて解説してきましたが、ポイントをまとめると以下のようになります。


  1. tangolineが中間ラインを下から上に抜けた場合は、値動きが上昇に転換したシグナル。

  2. tangolineが中間ラインを上から下に抜けた場合は、値動きが下降に転換したシグナル。


「tangoline_v1.1」は、値動きの転換を分析したい方に向いているインジケーターです。


価格の転換を捉えられるチャネルを探している方にとっては、試してみる価値のあるインジケーターなのではないでしょうか。

関連記事