FXで何やっても勝てなくて、やったコト

高値と安値にもとづいて相場の反転を分析するためのチャネルを表示するMT4インジケーター「tangoline_v1.2」

更新日時:2020年07月15日 5:15

tangoline_v1.2スクリーンショット


値動きの転換を狙って取引する際に、どの水準でエントリーすべきか迷った経験はないでしょうか。


「tangoline_v1.2」は、チャネルを用いて相場の転換を分析するインジケーターで、次のような方に向いています。


  1. 値動きの転換を捉えたい方

  2. エントリーの水準を分析したい方


以上のような方のためにこの記事では、「tangoline_v1.2」について解説します。


  1. tangoline_v1.2の概要
  2. tangoline_v1.2を表示する方法
  3. tangoline_v1.2のパラメーター解説
  4. まとめ

tangoline_v1.2の概要


「tangoline_v1.2」を起動すると、エントリーする水準を示すtangolineがピンクの実線で表示され、チャネルの上限と下限は紫の破線で表示されます。


ローソク足上に表示されるドットは、相場が反転する可能性を示しているバーに表示されます。


チャート上に青いドットが表示された後、価格がtangolineを下から上に抜けた場合、値動きが上昇に転換した可能性を示しており、赤いドットが表示された後、価格がtangolineを上から下に抜けた場合は、下降に転換した可能性を示しています。


インジケーターの開発者によると「tangoline_v1.2」を使用する場合、まずはトレンドの有無を調べる必要があるため、トレンドの有無を分析できるインジケーターと、組み合わせて使用する必要があるとのことです。


tangoline_v1.2を表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

tangoline_v1.2のダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


tangoline_v1.2


MT4のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT4でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


tangoline_v1.2のパラメーター解説


tangoline_v1.2パラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


「tangoline_v1.2」のパラメーターは、チャネルの算出期間を設定する項目とフィルターの閾値を設定するための項目で構成されています。


入力項目 入力内容

Channel Period

インジケーターの算出期間


初期値:20


チャネルの算出期間を指定します。

NoiseFilter (Minimam Reversal Spread)

ノイズフィルターの閾値


初期値:5


フィルターの効き具合を設定します。


「Channel Period」は、チャネルと算出期間を設定するための項目で、大きな値に設定すると長期的な値動きがチャネルに反映されます。


「NoiseFilter (Minimam Reversal Spread)」は、フィルターの閾値を設定するための項目で、値に応じてフィルターの効き具合が変化します。


まとめ


「tangoline_v1.2」について解説してきましたが、要点をまとめると以下のようになります。


  1. 青いドットが表示された後、価格がtangolineを下から上に抜けた場合は上昇に転換したシグナル。

  2. 赤いドットが表示された後、価格がtangolineを上から下に抜けた場合は下降に転換したのシグナル。


「tangoline_v1.2」は、値動きの転換とエントリーの水準を分析したい方に向いているインジケーターです。


開発者は、BSIというインジケーターと組み合わせて、使用することを推奨していますので、インジケーターのダウンロードページから、BSIも一緒に入手しておきましょう。

関連記事