FXで何やっても勝てなくて、やったコト

前週の高値と安値にもとづくチャネルを表示するMT4インジケーター「Weekly_HILO_Shj」

更新日時:2019年07月08日 05:19

Weekly_HILO_Shjスクリーンショット


「Weekly_HILO_Shj」は、前の週の高値と安値をもとに、チャート上にチャネルを表示するインジケーターです。


チャネルの上限は、前の週の高値にもとづいたもので、赤いラインとして表示され、チャネルの下限は前の週の安値をもとにしたもので、水色のラインとして表示されます。


また、緑色の破線は前の週の高値と安値を合計して2で除算した中間値の水準を示しています。


Weekly_HILO_Shjを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

Weekly_HILO_Shjのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


Weekly_HILO_Shj

↓↓↓↓↓インジケーターの導入手順が分からない方は↓↓↓↓↓

MT4のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT4でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法

これでWeekly_HILO_Shjが表示されました。


Weekly_HILO_Shjのパラメーター解説


Weekly_HILO_Shjパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


パラメーターの項目は「space」のみで、各ラインのラベルの位置を調整するためのパラメーターで、初期設定の値は44に設定されています。


space

ラベルの位置


目立つ高値や安値などの極端な水準は、心理的節目として機能するケースが多く見られ、長い時間枠のチャートでの高値や安値は、短い時間は時間枠のものよりも、影響力が高い傾向にあります。


そのため、週単位での高値・安値をもとにした「Weekly_HILO_Shj」の上限と下限は、レジスタンスライン・サポートラインとして機能する可能性がありますが、必ずしもそこで値動きが反転するわけではありません。


価格が反転する水準を示しているというよりは、ブル派とベア派の攻防が起きやすい水準を示していると考えた方が良いかもしれません。


「Weekly_HILO_Shj」は、チャートの時間枠を、日足より長い期間に設定している場合は、表示されませんので留意しておきましょう。


また、大きなギャップがチャート上に現れた場合も、しばらくは機能しなくなる点にも注意が必要です。

XMはMT4から直接取引できます XMはMT4から直接取引できます

関連記事