FXで何やっても勝てなくて、やったコト

Hull移動平均・移動平均・RSIをもとにエントリーとイグジットのタイミングを表示するMT4インジケーター「Rsi_R2_Opt_Indicator」

更新日時:2022年03月26日 15:33

Rsi_R2_Opt_Indicatorスクリーンショット


トレンドに沿った方向にエントリーするタイミングを、分析できるインジケーターがあればと考えたことはないでしょうか。


「Rsi_R2_Opt_Indicator」は、売買のタイミングを表示するインジケーターで、次のような方に向いています。


  1. トレンドに沿った方向にエントリーしたい方

  2. 手仕舞いのタイミングを分析したい方


この記事では「Rsi_R2_Opt_Indicator」について詳しく解説します。


  1. Rsi_R2_Opt_Indicatorの概要
  2. Rsi_R2_Opt_Indicatorを表示する方法
  3. Rsi_R2_Opt_Indicatorのパラメーター解説
  4. まとめ

Rsi_R2_Opt_Indicatorの概要


「Rsi_R2_Opt_Indicator」は、Hull移動平均と移動平均、RSIをベースにしたインジケーターです。


移動平均でトレンドの方向を検出し、RSIで売買のタイミングを分析する仕組みです。


Hull移動平均は、トレンドの方向を検出する際のフィルターとして利用されています。


エントリーのシグナルは矢印で表示され、買いシグナルは白の矢印、売りシグナルはオレンジの矢印で表示。


また、手仕舞いのシグナルはグレーの星印で表示されます。


Rsi_R2_Opt_Indicatorを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

Rsi_R2_Opt_Indicatorのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


Rsi_R2_Opt_Indicator


MT4のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT4でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


Rsi_R2_Opt_Indicatorのパラメーター解説


Rsi_R2_Opt_Indicatorパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


入力項目 入力内容

Play_Alert

アラートの有無


初期値:true


falseに設定するとアラートが無効になります。

Use_Hull_Filter

Hull移動平均の有効・無効


初期値:true


falseに設定するとHull移動平均が無効になります。

Hull_Periods

Hull移動平均の算出期間


初期値:200


Hull移動平均を算出する期間を設定します。

Hull_Applied_Price

Hull移動平均の適用価格


初期値:0


Hull移動平均の算出に用いる価格の種類を設定します。

Hull_Separation_Pips

Hull移動平均の閾値


初期値:1


Hull移動平均でシグナルを出す閾値を設定します。

Ma_Periods

移動平均線の算出期間


初期値:200


移動平均線を算出する期間を設定します。

Ma_Type

移動平均の種類


初期値:0


移動平均線の算出方法を設定します。

Ma_Applied_Price

移動平均線の適用価格


初期値:0


移動平均線の算出に用いる価格を指定します。

RsiPeriods

RSIの算出期間


初期値:2


RSIを算出する期間を設定します。

Rsi_Applied_Price

RSIの適用価格


初期値:0


RSIの算出に用いる価格を指定します。

BuyIfDay1RsiBelow

Day1Rsiの買いシグナル


初期値:65


Day1Rsiで買いシグナルを出す閾値を設定します。

BuyIfDay3RsiBelow

Day3Rsiの買いシグナル


初期値:65


Day3Rsiで買いシグナルを出す閾値を設定します。

SellIfDay1RsiAbove

Day1Rsiの売りシグナル


初期値:35


Day1Rsiで売りシグナルを出す閾値を設定します。

SellIfDay3RsiAbove

Day3Rsiの売りシグナル


初期値:35


Day3Rsiで売りシグナルを出す閾値を設定します。

CloseBuyIfRsiAbove

買いイグジットのシグナル


初期値:75


買いイグジットのシグナルを出す閾値を設定します。

CloseSellIfRsiBelow

売りイグジットのシグナル


初期値:25


売りイグジットのシグナルを出す閾値を設定します。

ShowBars

表示範囲


初期値:10000


シグナルを表示する範囲を設定します。


「Use_Hull_Filter」は、Hull移動平均によるフィルタリングを使用するか否かを設定するための項目です。


falseに設定すると、フィルタリングが無効になります。


「BuyIfDay1RsiBelow」「BuyIfDay3RsiBelow」は、買いシグナルの閾値を設定するための項目です。


変更する場合は、65よりも小さな値に設定する必要があります。


「SellIfDay1RsiAbove」「SellIfDay3RsiAbove」は、売りシグナルの閾値を設定するための項目です。


35よりも大きな値に設定しなければなりません。


まとめ


「Rsi_R2_Opt_Indicator」について解説してきましたが、ポイントをまとめると以下のようになります。


  1. Hull移動平均と移動平均、RSIをもとに売買シグナルを表示

  2. 買いシグナルは白の矢印、売りシグナルはオレンジの矢印で表示

  3. イグジットのシグナルはグレーの星印で表示


「Rsi_R2_Opt_Indicator」は、トレンドに沿った方向にエントリーしたい方に向いているインジケーターです。


トレンドが切り替わってからシグナルが切り替わるまでに時間がかかるので、トレンドが転換した際は注意した方が良いでしょう。

関連記事