FXで何やっても勝てなくて、やったコト

MACD・RSI・MAをもとにトレンドの有無を表示するMT4インジケーター「RSI_MACD_MA_Ron_01」

更新日時:2022年03月20日 22:42

RSI_MACD_MA_Ron_01スクリーンショット


トレンドの有無や方向を分析できるインジケーターがあればと考えたことないでしょうか。


「RSI_MACD_MA_Ron_01」は、トレンドの方向を矢印で表示するインジケーターで、次のような方に向いています。


  1. トレンドの有無を分析したい方

  2. トレンドの方向を分析したい方

  3. トレンドを捉えたい方


この記事では、「RSI_MACD_MA_Ron_01」について詳しく解説します。


  1. RSI_MACD_MA_Ron_01の概要
  2. RSI_MACD_MA_Ron_01を表示する方法
  3. RSI_MACD_MA_Ron_01のパラメーター解説
  4. まとめ

RSI_MACD_MA_Ron_01の概要


「RSI_MACD_MA_Ron_01」を起動すると、チャート上に2本の移動平均線と矢印が表示されます。


「RSI_MACD_MA_Ron_01」は、指数平滑移動平均線とMACD、RSIをベースにしたインジケーターです。


MACDが0以上で、RSIが50以上の水準で推移している場合、上向きの矢印を表示します。


反対に、MACDが0以下で、RSIが50以下の水準で推移している場合、下向きの矢印を表示。


上向きの矢印は上昇トレンド、下向きの矢印は下降トレンドのシグナルです。


RSI_MACD_MA_Ron_01を表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

RSI_MACD_MA_Ron_01のダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


RSI_MACD_MA_Ron_01


MT4のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT4でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


RSI_MACD_MA_Ron_01のパラメーター解説


RSI_MACD_MA_Ron_01パラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


入力項目 入力内容

MovingAvg1

移動平均線1の算出期間


初期値:5


移動平均線の算出期間を設定します。

MovingAvg2

移動平均線2の算出期間


初期値:8


移動平均線の算出期間を設定します。

RSIPeriod

RSIの算出期間


初期値:14


シグナルが切り替わる頻度が変化します。

MACDfast

ファストEMAの算出期間


初期値:12


MACDのファストEMAの算出期間を設定します。

MACDslow

スローEMAの算出期間


初期値:26


MACDのスローEMAの算出期間を設定します。

MACDsignal

シグナルライン平滑化期間


初期値:9


MACDのシグナルラインの平滑化期間を設定します。


「MovingAvg1」「MovingAvg2」は、チャート上に表示する2本の移動平均線の算出期間を設定するための項目です。


算出期間に応じて、移動平均線の反応速度が変化します。


「RSIPeriod」は、RSIの算出期間を設定するための項目です。


設定した値に応じて、シグナルが表示される頻度が変化します。


「MACDfast」「MACDslow」「MACDsignal」は、MACDの各移動平均の算出期間を設定するための項目です。


通常のMACDと同様の構成になっているので、MACDを使用したことがある方であれば、設定で戸惑うことはないでしょう。


まとめ


「RSI_MACD_MA_Ron_01」について解説してきましたが、ポイントをまとめると以下のようになります。


  1. MACDとRSI、移動平均線をベースにしたインジケーター

  2. MACDとRSIが上昇している場合は上向きの矢印を表示

  3. MACDとRSIが下降している場合は下向きの矢印を表示


「RSI_MACD_MA_Ron_01」は、トレンドの有無を分析したい方に向いているインジケーターです。


トレンドの方向を分析したい方は、試してみると良いでしょう。

関連記事