FXで何やっても勝てなくて、やったコト

T3を使用したMACDのようなオシレーターを表示するMT4インジケーター「RD-ForecastOsc」

更新日時:2021年09月09日 20:03

RD-ForecastOscスクリーンショット


トレンドの方向を分析できるオシレーターがあればと考えたことはないでしょうか。


「RD-ForecastOsc」は、2本のラインでトレンドの方向を表示するオシレーターで、次のような方に向いています。


  1. トレンドの方向を分析したい方

  2. トレンドの転換を分析したい方


上記のような方のためにこの記事では、「RD-ForecastOsc」について解説します。


  1. RD-ForecastOscの概要
  2. RD-ForecastOscを表示する方法
  3. RD-ForecastOscのパラメーター解説
  4. まとめ

RD-ForecastOscの概要


「RD-ForecastOsc」を起動すると、サブウィンドウ上に青色と赤色のラインが表示されます。


青色のラインが赤色のラインを下から上に抜けた場合は、上昇トレンドが発生した可能性を示しています。


反対に、青色のラインが赤色のラインを上から下に受けた場合は、下降トレンドが発生した可能性を示唆するシグナルです。


2本のラインがそれまでとは逆方向に動いた場合、トレンドが転換した可能性を示しています。


インジケーターの使い方はMACDに似ていますが、まったく別のインジケーターです。


MACDの算出には指数平滑移動平均線が用いられますが、「RD-ForecastOsc」の算出にはT3移動平均線が用いられています。


T3は、3重に指数平滑移動平均する平滑化方法で、反応速度が速いという特徴があります。


「RD-ForecastOsc」も値動きに俊敏に反応する傾向にあります。


一方で、相場の状況によってはダマしのシグナルも多くなるので注意が必要です。


特に振り幅の小さいレンジ相場では、その傾向が顕著なので動意の薄い相場での使用は避けた方が良いでしょう。


RD-ForecastOscを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

RD-ForecastOscのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


RD-ForecastOsc


MT4のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT4でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


RD-ForecastOscのパラメーター解説


RD-ForecastOscパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


「RD-ForecastOsc」にトレーダーが変更可能なパラメーターはありません。


入力項目 入力内容

無し

変更可能なパラメーターはありません。


まとめ


「RD-ForecastOsc」について解説してきましたが、ポイントをまとめると以下のようになります。


  1. MACDのように2本のラインでトレンドの方向を表示するオシレーター

  2. T3移動平均をベースに算出される

  3. 青色のラインが赤色のラインを下から上に抜けた場合は、上昇トレンドが発生した可能性を示している

  4. 青色のラインが赤色のラインを上から下に抜けた場合は、下降トレンドが発生した可能性を示している


「RD-ForecastOsc」は、トレンドが発生した方向を分析したい方に向いているインジケーターです。


使い方がMACDに類似しているので、MACDを使用したことがある方であれば、使い方で戸惑うことも少ないでしょう。


珍しいタイプのインジケーターなので、使用前に十分なバックテストを実施することをおすすめします。

関連記事