FXで何やっても勝てなくて、やったコト

天井と底に対象期間の異なる複数のシグナルを表示するMT4インジケーター『3_Level_ZZ_Semafor』

更新日時:2019年12月16日 02:59

3_Level_ZZ_Semaforスクリーンショット


ZigZagは相場の波動を分析する際に、用いられるインジケーターで、MT4に標準でインストールされています。


「3_Level_ZZ_Semafor」は、算出期間の異なる3種類のジグザグをベースにしたインジケーターで以下のような方に向いています。


  1. 相場の底や天井を捉えたい方

  2. 逆張り系の手法を使用している方


この記事では上記のような方のために、「3_Level_ZZ_Semafor」について解説していきます。


  1. 3_Level_ZZ_Semaforの概要
  2. 3_Level_ZZ_Semaforを表示する方法
  3. 3_Level_ZZ_Semaforのパラメーター解説
  4. まとめ

3_Level_ZZ_Semaforの概要


「3_Level_ZZ_Semafor」は、チャートの天井と底に対象期間の異なる①~③のシグナルを表示する逆張り向けのMT4用のインジケーターで、画像では正確に天井と底を捉えているように見えますが、リペイントするため注意が必要です。


単純に直近の高値・安値に①~③のシグナルを表示しているだけなので、高値更新および安値更新するとリペイントされてしまいます。


よって、使用の際には①~③のシグナルが表示されたらエントリーするのではなく、他のインジケーターでフィルタリングした上でエントリーすることが必要不可欠になります。


このインジケーターは高値更新および安値更新をしただけでリペイントしてしまうため、必ず他のインジケーターでフィルタリングをした上で使用するようにしましょう。


3_Level_ZZ_Semaforを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

3_Level_ZZ_Semaforのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


3_Level_ZZ_Semafor


MT4のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT4でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


3_Level_ZZ_Semaforのパラメーター解説


3_Level_ZZ_Semaforパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。



入力項目 入力内容

Period1

ZigZag①の対象期間


初期値:5


①でシグナルを検出する期間を設定します。

Period2

ZigZag②の対象期間


初期値:13


②でシグナルを検出する期間を設定します。

Period3

ZigZag③の対象期間


初期値:34


③でシグナルを検出する期間を設定します。

Dev_Step_1

ZigZag①のDeviationとBackstep


初期値:1,3


ZigZag①の転換率と反転を検出する期間を設定します。

Dev_Step_2

ZigZag②のDeviationとBackstep


初期値:8,5


ZigZag②の転換率と反転を検出する期間を設定します。

Dev_Step_3

ZigZag③のDeviationとBackstep


初期値:21,12


ZigZag③の転換率と反転を検出する期間を設定します。

Symbol_1_kod

ZigZag①のシグナルの形


初期値:140


①のシグナルを検出した際に表示するマーカーの種類を設定します。

Symbol_1_kod

ZigZag②のシグナルの形


初期値:141


②のシグナルを検出した際に表示するマーカーの種類を設定します。

Symbol_1_kod

ZigZag③のシグナルの形


初期値:142


③のシグナルを検出した際に表示するマーカーの種類を設定します。


Depthの設定はできませんが、通常のZigZagに似たのパラメーターになっているため、ZigZagを使用したことのある方であれば、設定で戸惑うことも少ないかと思います。


デフォルトでは①→③の順で対象とする期間が短くなるように設定されており、特にこだわりが無ければ変更せずに使用すると良いかと思います。


まとめ


「3_Level_ZZ_Semafor」について解説してきましたが、ポイントをまとめると以下のようになります。


  1. 算出期間の異なる3つのZigZagがベースになっている。

  2. 相場の底と天井にドットを表示する。

  3. ドットはリペイントされる。


「3_Level_ZZ_Semafor」は、相場の底や天井を捉えたい逆張り派の方に向いているインジケーターです。


先に解説したように、このインジケーターが表示するドットはリペイントされるため、他のインジケーターと組み合わせて使用することをおすすめします。

レバレッジ888倍!
業界No1のボーナス制度!

最大レバレッジ888倍!口座開設時3000円、最大総額5000ドル(約70万円相当)の手厚いボーナスに加え、万一の急変もゼロカットシステムで追証無しの万全の安心感!


リクォート・注文拒否ナシ!全注文の99.35%が1秒以内に執行、高い約定力に定評あり!ほぼ全通貨に対しスプレッドがゼロの『XMZero口座』も登場!

口座開設はコチラ

MT4スプレッド
世界最狭水準

OANDA JAPANは、MT4ブローカーの中でも世界最狭水準のスプレッドと高い約定力が大きな魅力です。日本の証券会社でMT4を使いたいならイチオシの証券会社です。


10万通貨以上の取引+20万円以上の入金で、世界中のトレーダーのポジションが分かるMT4専用インジケーター『オープンオーダーインジケーター』がもらえます!

口座開設はコチラ

関連記事