FXで何やっても勝てなくて、やったコト

200HMA、200SMA、2RSIをもとに各種シグナルを表示するMT4インジケーター『AnyMA_Rsi_R2_Indi_Opt』

更新日時:2020年03月03日 11:33

AnyMA_Rsi_R2_Indi_Optスクリーンショット


エントリーのタイミングを、簡単に確認できるインジケーターはないだろうかと考えたことはないでしょうか。


「AnyMA_Rsi_R2_Indi_Opt」は、エントリーのタイミングをマーカーで表示するインジケーターで、次のような方に向いています。


  1. エントリーのタイミングを分析したい方

  2. トレンド方向を分析したい方


そういった方のためにこの記事では、「AnyMA_Rsi_R2_Indi_Opt」について解説していきます。


  1. AnyMA_Rsi_R2_Indi_Optの概要
  2. AnyMA_Rsi_R2_Indi_Optを表示する方法
  3. AnyMA_Rsi_R2_Indi_Optのパラメーター解説
  4. まとめ

AnyMA_Rsi_R2_Indi_Optの概要


「AnyMA_Rsi_R2_Indi_Opt」は、名前の通り、様々なテクニカル指標を組み合わせてトレードシグナルを表示するMT4用のインジケーターで、デフォルトでは、期間200のハル移動平均線(HMA)、期間200の単純移動平均線(SMA)、期間2のRSIをもとに各種シグナルを表示します。


このインジケーターを導入すると、画像のように200HMA(ピンク)と200SMA(黄色)の2本の移動平均線と「*」の形と矢印(赤と緑)のシグナルが表示されます。


このインジケーターに関する情報がほぼ無いため、ソースコードをざっと見た限りの情報になりますが、各種シグナルのルールは以下の通りです。


「*」・・・期間2のRSIが75レベル以上または25レベル以下

下向きの赤矢印・・・現在レートが200SMAより下にあるときに、直近ローソク足3本分の期間2のRSIが35レベル以上で上昇方向に連続して更新している

上向きの緑矢印・・・現在レートが200SMAより上にあるときに、直近ローソク足3本分の期間2のRSIが35レベル以下で下降方向に連続して更新している


例えば、下向きの赤矢印であれば、現在レートが200SMAより下にある場合、ローソク足3本分前のRSIが35レベル以上で、2本分前のRSIが3本分前のRSIよりも上にあり、1本分前のRSIが2本分前のRSIより上にあるときに、現在のローソク足に矢印を表示します。


AnyMA_Rsi_R2_Indi_Optを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

AnyMA_Rsi_R2_Indi_Optのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


AnyMA_Rsi_R2_Indi_Opt


MT4のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT4でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


AnyMA_Rsi_R2_Indi_Optのパラメーター解説


AnyMA_Rsi_R2_Indi_Optパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


入力項目 入力内容

Play_Alert

アラートの有効/無効


初期値:false


trueに設定するとアラートが有効になります。

Use_Hull_Filter

HMAフィルターの有効/無効


初期値:true


falseに設定するとHMAフィルターが無効になります。

Hull_Periods

HMAの期間


初期値:200


HMAの期間の算出期間を設定します。

Hull_Applied_Price

HMAの適用価格


初期値:0


HMAの適用価格を設定します。

Hull_Separation_Pips

フィルターの閾値


初期値:1


フィルターが有効になるHMAの変動幅を設定します。

Ma_Periods

移動平均の期間


初期値:200


移動平均の算出期間を設定します。

Ma_Type

移動平均の種類


初期値:0


移動平均の算出方法を設定します。

Ma_Applied_Price

移動平均の適用価格


初期値:0


移動平均の算出に用いる価格の種類を設定します。

RsiPeriods

RSIの期間


初期値:2


RSIの算出期間を設定します。

Rsi_Applied_Price

RSIの適用価格


初期値:0


RSIの算出に用いる価格の種類を設定します。

BuyIfDay1RsiBelow

1期間の上向きの矢印の閾値


初期値:65


上向きの矢印を表示するRSIの閾値を設定します。

BuyIfDay3RsiBelow

3期間の上向きの矢印の閾値


初期値:65


上向きの矢印を表示するRSIの閾値を設定します。

SellIfDay1RsiAbove

1期間の下向きの矢印の閾値


初期値:35


下向きの矢印を表示するRSIの閾値を設定します。

SellIfDay3RsiAbove

3期間の下向きの矢印の閾値


初期値:35


下向きの矢印を表示するRSIの閾値を設定します。

CloseBuyIfRsiAbove

1期間のアスタリスクの閾値


初期値:25


「*」を表示するRSIの閾値を設定します。

CloseSellIfRsiBelow

3期間のアスタリスクの閾値


初期値:25


「*」を表示するRSIの閾値を設定します。

ShowBars

表示範囲


初期値:10000


インジケーターを表示する期間を設定します。


「Use_Hull_Filter」をfalseにすると、HMAを使ったフィルタリングがOFFになり、代わりにLSMAが有効になります。


フィルターが作動する条件にHMAの変動幅が含まれており、「Hull_Separation_Pips」はその変動幅の程度を設定するための項目です。


まとめ


「AnyMA_Rsi_R2_Indi_Opt」を使用する際のポイントを、以下にまとめておきます。


  1. 移動平均線とRSIにもとづいてシグナルを表示している。

  2. RSIが買われ過ぎ/売られ過ぎの水準に達している場合は「*」を表示する。

  3. レートが200SMAより下にあり、直近ローソク足3本分の期間2のRSIが35レベル以上で連続して上昇している場合は売りシグナル。

  4. レートが200SMAより上にあり、直近ローソク足3本分の期間2のRSIが35レベル以下で連続して下降している場合は買いシグナル。


「AnyMA_Rsi_R2_Indi_Opt」は、順張りでエントリーするためのタイミングを、分析したい方に向いているインジケーターです。


基本的には、赤または緑の矢印でエントリーすると思われますが、このインジケーター単体ではシグナルが多発してダマしにあってしまうため、期間を調整したり、ストキャスティクスなどの他のインジケーターと併用したりすると良いかと思います。

レバレッジ888倍!
業界No1のボーナス制度!

最大レバレッジ888倍!口座開設時3000円、最大総額5000ドル(約70万円相当)の手厚いボーナスに加え、万一の急変もゼロカットシステムで追証無しの万全の安心感!


リクォート・注文拒否ナシ!全注文の99.35%が1秒以内に執行、高い約定力に定評あり!ほぼ全通貨に対しスプレッドがゼロの『XMZero口座』も登場!

口座開設はコチラ

MT4スプレッド
世界最狭水準

OANDA JAPANは、MT4ブローカーの中でも世界最狭水準のスプレッドと高い約定力が大きな魅力です。日本の証券会社でMT4を使いたいならイチオシの証券会社です。


10万通貨以上の取引+20万円以上の入金で、世界中のトレーダーのポジションが分かるMT4専用インジケーター『オープンオーダーインジケーター』がもらえます!

口座開設はコチラ

関連記事