FXで何やっても勝てなくて、やったコト

3つのタイムフレームのMACD、ストキャスティクス、 RSI、CCIを表示するMT4インジケーター『3timeframeindicator』

更新日時:2019年12月23日 01:27

3timeframeindicatorスクリーンショット


テクニカルインジケーターにはそれぞれ長所と短所があるため、複数のインジケーターを使用する方も多いかと思いますが、一度に多くのインジケーターを表示してしまうとチャートが見にくくなってしまうため、場合によっては頻繁にインジケーターの追加・削除を行わなければならない場合もあるかと思います。


「3timeframeindicator」は、ひとつのインジケーターで複数のオシレーターを切り替えて表示することができるインジケーターで、次のような方に向いています。


  1. 複数のオシレーターを使用している方

  2. 画面が小さくて多数のインジケーターを同時に表示できない方

  3. マルチタイムフレーム分析を行っている方


上記のような方のためにこの記事では、「3timeframeindicator」について解説していきます。


  1. 3timeframeindicatorの概要
  2. 3timeframeindicatorを表示する方法
  3. 3timeframeindicatorのパラメーター解説
  4. まとめ

3timeframeindicatorの概要


「3timeframeindicator」は、3つのタイムフレームのMACD、ストキャスティクス、 RSI、CCIをサブウィンドウに表示するMT4用のインジケーターで、設定画面からプルダウンで上記4つのインジケーターの中から1つを選び、サブウィンドウに表示する形式になっています。


このインジケーターの見方について、海外サイトで「3つのタイムフレームの値を平均して1つにしたの?」という質問に対して、「Each individual timeframe is drawn as it would look on the original timeframe chart without bar shift.(それぞれのタイムフレームは、元々のタイムフレームでバーシフトなしで表示されるよう描画されているよ)」というリプライがついていました。


また、従来のインジケーターと異なる点として、RSIとストキャスティクスに関しては、中心の50%ラインの代わりに0ラインが使用されており、MACDとCCIに関しては数値ではなくパーセントで表示されるようです。


4種類のインジケーターを切り替えられ、タイムフレームも変更できるため、ポテンシャルの高いインジケーターですが、見方が分かりにくいため慣れが必要なインジケーターかと思います。


3timeframeindicatorを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

3timeframeindicatorのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


3timeframeindicator


MT4のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT4でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


3timeframeindicatorのパラメーター解説


3timeframeindicatorパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


「3timeframeindicator」のパラメーターはどのインジケータを表示するかを設定する項目、各インジケーターの調整を行うための項目、時間枠を設定するための項目、インジケータを表示する期間を設定する項目で構成されています。


入力項目 入力内容

indicator

表示するインジケーター


初期値:INDICATOR_CCI


どのインジケーターを表示するのかを設定します。

Fast EMA Period

短期EMAの期間


初期値:12


MACDの短期指数平滑移動平均線の算出期間を設定します。

Slow EMA Period

長期EMAの期間


初期値:26


MACDの指数平滑移動平均線の算出期間を設定します。

Signal SMA Period

シグナルMAの期間


初期値:9


MACDのシグナル平滑化期間を設定します。

K Period

K%ラインの期間


初期値:5


ストキャスティクスのK%ラインの算出期間を設定します。

D Period

D%ラインの期間


初期値:3


ストキャスティクスのD%ラインの算出期間を設定します。

Slowing

スローイング


初期値:3


ストキャスティクスのスローイング期間を設定します。

RSI Period

RSIの期間


初期値:8


価格に対するRSIの反応速度が変化します。

RSI Signal

RSIのシグナル


初期値:3


価格に対するRSIシグナルの反応速度が変化します。

CCI Period

CCIの期間


初期値:14


価格に対するCCIの反応速度が変化します。

CCI Signal

CCIのシグナル


初期値:3


価格に対するCCIシグナルの反応速度が変化します。

InpPrice

適用価格


初期値:Close price


インジケーターの算出に用いる価格の種類を設定します。

TimeFrame_1

1つ目のタイムフレーム


初期値:1 5 Minutes


1つ目のタイムフレームを設定します。

TimeFrame_2

2つ目のタイムフレーム


初期値:1 Hours


2つ目のタイムフレームを設定します。

TimeFrame_3

3つ目のタイムフレーム


初期値:4 Hours


3つ目のタイムフレームを設定します。

BarsToCount

バーカウント


初期値:500


インジケータを表示する範囲を設定します。


各インジケーターのパラメーターは、それぞれ一般的な値に設定されているようなので、特にこだわりが無ければ変更しなくて良いでしょう。


まとめ


「3timeframeindicator」の使い方やパラメータの設定方法について解説してきましたが、要点を以下にまとめておきます。


  1. MACD、ストキャスティクス、 RSI、CCIをひとつのインジケーターで表示できる。

  2. マルチタイムフレーム表示に対応している。


「3timeframeindicator」は、デバイスの画面が小さいなどの理由で、チャート上に複数のオシレーターを表示するのが難しい方に向いているインジケーターです。


また、見方がやや特殊ではありますが、マルチタイムフレーム表示できるため、使える場面は多いかと思います。

レバレッジ888倍!
業界No1のボーナス制度!

最大レバレッジ888倍!口座開設時3000円、最大総額5000ドル(約70万円相当)の手厚いボーナスに加え、万一の急変もゼロカットシステムで追証無しの万全の安心感!


リクォート・注文拒否ナシ!全注文の99.35%が1秒以内に執行、高い約定力に定評あり!ほぼ全通貨に対しスプレッドがゼロの『XMZero口座』も登場!

口座開設はコチラ

MT4スプレッド
世界最狭水準

OANDA JAPANは、MT4ブローカーの中でも世界最狭水準のスプレッドと高い約定力が大きな魅力です。日本の証券会社でMT4を使いたいならイチオシの証券会社です。


10万通貨以上の取引+20万円以上の入金で、世界中のトレーダーのポジションが分かるMT4専用インジケーター『オープンオーダーインジケーター』がもらえます!

口座開設はコチラ

関連記事