FXで何やっても勝てなくて、やったコト

直近5日間の高値と安値に水平ラインを引きそれらのレートをテキストで表示するMT4インジケーター『5 day breakout』

更新日時:2019年12月25日 1:57

5 day breakoutスクリーンショット


チャート上の目立つ高値や安値は、トレーダーの注文が集中しやすい水準で、価格がその水準に接近すると、しばしば買い手と売り手の攻防が発生します。


「5_day_breakout」は、指定した期間内の高値や安値の水準に自動的にラインを表示するインジケーターで、次のような方に向いています。


  1. 主要な高値や安値の水準を一目で確認できるようにしておきたい方

  2. 値動きが反転する可能性のある水準を把握しておきたい方

  3. 目立つ高値や安値に手動でラインを引いている方


この記事ではそういった方のために、「5_day_breakout」について解説していきます。


  1. 5_day_breakoutの概要
  2. 5_day_breakoutを表示する方法
  3. 5_day_breakoutのパラメーター解説
  4. まとめ

5_day_breakoutの概要


「5_day_breakout」は、直近5日間の高値および安値に水平ラインを引き、左上にこれらのラインのレートをテキストで表示するMT4用のインジケーターで、画像の緑と赤の高値・安値ラインに加え、少し見にくいですが、チャート左上に「SdayH ○○○」と「SdayL ○○○」というようにテキストが表示されています。


このインジケーターでは、パラメーター設定で直近何日分の高値・安値に水平ラインを引くかを変更することが出来るので、短い時間足で使用する際には直近1日や直近3日にしたり、長い時間足で使用する際には直近5日や直近7日にしたりと使用する時間足に合わせることができます。


シンプルながらも高値・安値ラインは多くのトレーダーに意識されやすく、実際に画像のチャートでも赤い安値ラインで何度も価格が反転しているのが分かるかと思います。


5_day_breakoutを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

5_day_breakoutのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


5_day_breakout


MT4のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT4でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


5_day_breakoutのパラメーター解説


5_day_breakoutパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


「5_day_breakout」のパラメーターは、高値や安値を検出する期間を設定する項目のみの、シンプルな構成になっています。


入力項目 入力内容

DAYS

直近何日分の高値・安値を参照するか


初期値:5


値を大きくするほど、より長い期間の高値/安値を検出します。


短い時間足のチャートで使用する際に、現在のレートから高値や安値が離れすぎている場合は、「DAYS」の値を小さくして近くの高値や安値にラインが表示されるように、調整した方がよいでしょう。


まとめ


「5_day_breakout」の使い方やパラメーターの設定方法について解説してきましたが、以下に要点をまとめておきます。


  1. 指定した期間中の高値には緑色の水平ラインを表示。

  2. 指定した期間中の安値には赤色の水平ラインを表示。

  3. 検出した高値や安値のレートも表示。


「5_day_breakout」は、買い手と売りとの攻防が予想される主要な高値や安値を、一目で確認できるようにしておきたい方に向いているインジケータです。


高値・安値はシンプルながらも意識されやすいラインなので、まだ水平ラインを引くのに慣れていない人や、自分で引くのが面倒くさい人にとっては非常に便利なインジケーターではないでしょうか。

関連記事