FXで何やっても勝てなくて、やったコト

ラウンドレベルを検出して水平なラインを表示するMT4インジケーター「RoundLevels」

更新日時:2022年02月19日 12:43

RoundLevelsスクリーンショット


ラウンドレベルを自動的に表示してくれるインジケーターがあればと考えたことないでしょうか。


「RoundLevels」は、ラウンドレベルを検出して、水平なラインを表示するインジケーターで、次のような方に向いています。


  1. ラウンドレベル付近で取引することが多い方

  2. 逆張り・ブレイクアウト系の手法を使用している方

  3. 手動でラインを引くのは面倒だと感じている方


以上のような方のためにこの記事では、「RoundLevels」について解説します。


  1. RoundLevelsの概要
  2. RoundLevelsを表示する方法
  3. RoundLevelsのパラメーター解説
  4. まとめ

RoundLevelsの概要


ラウンドレベルとは1.13300など、下の桁に複数の「0」が連続している切れのよい水準を指します。


ラウンドレベルは、損切りや利益確定の注文が入りやすい水準です。


そのため、ラウンドレベルはサポートラインやレジスタンスラインとして機能することがあります。


「RoundLevels」は、現在の価格から近いラウンドレベルを自動的に検出して、水平なラインを表示します。


「RoundLevels」では、現在価格の上下2つのラウンドレベルの表示に対応しています。


加えて、価格に追従してラウンドレベルを表示するため、手作業でラインを追加する必要もありません。


「RoundLevels」では、下2桁が0のラウンドレベルに対応。


ラウンドレベルを検出する幅は変更できないため、日足以上のチャートで使用すると、ライン同士の間隔が狭くなるので注意が必要です。


4時間足以下のチャートで使用することをおすすめします。


RoundLevelsを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

RoundLevelsのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


RoundLevels


MT4のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT4でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


RoundLevelsのパラメーター解説


RoundLevelsパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


「RoundLevels」のパラメーターは、ラインの幅を設定する項目とトレースの有効・無効を設定する項目の2つで構成されています。


入力項目 入力内容

LineWidth

ラインの幅


初期値:2


ラインの太さを設定します。

KeepTraces

トレースの有効・無効


初期値:false


trueに設定するとトレースが有効になります。


「LineWidth」は、レベルラインの太さを設定するための項目です。


大きな値に設定するほど、表示されるラインが太くなります。


「KeepTraces」は、トレースの有効・無効を設定するための項目です。


trueに設定すると、価格を追従しながらラウンドレベルを表示します。


まとめ


「RoundLevels」について解説してきましたが、ポイントをまとめると以下のようになります。


  1. 直近の価格に近いラウンドレベルを表示する

  2. 価格に追従しながらラウンドレベルを表示することもできる

  3. ラウンドレベルの間隔が固定されているため、日足以上の時間枠のチャートには向いていない


「RoundLevels」は、ラウンドレベル付近で取引することが多い方に向いているインジケーターです。


短期取引がメインの方であれば、活用できる場面もあるのではないでしょうか。


手動でラウンドレベルを探すのが面倒だと感じている方は、一度試してみると良いでしょう。

関連記事