FXで何やっても勝てなくて、やったコト

直近の価格を基準に等間隔の水平なラインを表示するMT4インジケーター「SDX-SweetSpots」

更新日時:2020年03月23日 21:51

SDX-SweetSpotsスクリーンショット


MT4のチャートにはグリッド表示する機能がありますが、使い方によってはグリッドを表示することによってチャートが見にくくなってしまうことがあるため、グリッドを非表示にしている方もいるのではないでしょうか。


しかし、MT4のグリッドを非表示にすると、価格がどの程度の値幅で変化したのか確認しにくくなってしまいます。


「SDX-SweetSpots」は、直近の価格を中心に上下に水平なラインを表示するインジケーターで、以下のような方に向いています。


  1. ある時点の価格から直近の価格までの値幅を確認したい方

  2. MT4のグリッドを非表示にしている方


そういった方のためにこの記事では、「SDX-SweetSpots」について解説していきます。


  1. SDX-SweetSpotsの概要
  2. SDX-SweetSpotsを表示する方法
  3. SDX-SweetSpotsのパラメーター解説
  4. まとめ

SDX-SweetSpotsの概要


「SDX-SweetSpots」を起動すると、チャート上に薄いグレーの実線でメインラインが表示され、濃いグレーの破線でサブラインが表示されます。


このインジケーターは、直近のBid価格を基準に10pips間隔でメインラインを表示し、メインラインの中間にはサブラインを表示します。


表示するラインの間隔を変更することはできませんが、表示するラインの本数はパラメーターから変更することができ、必要な部分にだけラインを表示できます。


チャート全体にグリッドを表示せずに、直近の価格と高値/安値などとの差を確認できるため、チャートが見にくくなることもありません。


SDX-SweetSpotsを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

SDX-SweetSpotsのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


SDX-SweetSpots


MT4のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT4でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


SDX-SweetSpotsのパラメーター解説


SDX-SweetSpotsパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


「SDX-SweetSpots」のパラメーターは、値幅を検出する期間を設定する項目と、ラインの色を設定する項目で構成されています。


入力項目 入力内容

LinesAboveBelow

ラインの数


初期値:10


表示するメインラインの本数を設定します。

LineColorMain

メインラインの色


初期値:LightGray


メインラインの表示色を設定します。

LineColorSub

サブラインの色


初期値:Gray


サブラインの表示色を設定します。


「LinesAboveBelow」は、チャートに表示するメインラインの数を設定するための項目で、値を大きくするほど表示されるラインの数が多くなります。


「LineColorMain」と「LineColorSub」は、自身が見やすい色に変更した方が良いでしょう。


まとめ


「SDX-SweetSpots」について解説してきましたが、要点をまとめると以下のようになります。


  1. 直近のBidを基準に等間隔の水平なラインを表示する。

  2. 表示するラインの本数はパラメーターから変更できる。


「SDX-SweetSpots」は必要な部分にだけ、レートを確認できる水平なラインを表示したい方におすすめのインジケーターです。


チャート全体にグリッドを表示したくないが、直近の価格に近い水準にはレートを確認できるラインが欲しいという方には、最適なインジケーターといえそうです。

関連記事