FXで何やっても勝てなくて、やったコト

トレンドが転換した箇所に矢印を表示するMT4インジケーター「Stop_reversal_mod1」

更新日時:2021年03月07日 21:49

Stop_reversal_mod1スクリーンショット


トレンドの転換をアラートで知らせてくれるインジケーターがあればと考えたことはないでしょうか。


「Stop_reversal_mod1」は、次のような方に向いているインジケーターです。


  1. トレンドの転換を捉えたい方

  2. アラート機能付きのインジケーターを探している方


この記事では「Stop_reversal_mod1」について解説します。


  1. Stop_reversal_mod1の概要
  2. Stop_reversal_mod1を表示する方法
  3. Stop_reversal_mod1のパラメーター解説
  4. まとめ

Stop_reversal_mod1の概要


「Stop_reversal_mod1」を起動すると、チャート上に矢印が表示されます。


トレンドが上に転換したポイントには、緑色の矢印が表示されます。


また、緑色の矢印が表示されたポイントにあるローソク足には青色のバーが表示されます。


反対に、赤色の矢印が表示された場合はトレンドが下に転換したシグナルです。


赤色の矢印が表示されたポイントのローソク足には、赤色のバーが表示されます。


加えて、「Stop_reversal_mod1」では、矢印が表示された際にアラートで通知することも可能です。


Stop_reversal_mod1を表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

Stop_reversal_mod1のダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


Stop_reversal_mod1


MT4のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT4でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法


Stop_reversal_mod1のパラメーター解説


Stop_reversal_mod1パラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


「Stop_reversal_mod1」のパラメーターは、値動きの反転を検出する閾値を設定するための項目と、アラートに関する項目で構成されています。


入力項目 入力内容

nPips

反転の閾値


初期値:0.004


値動きが反転したと判断する水準を設定します。

SendAlert

アラートの有効/無効


初期値:true


falseに設定するとアラートが無効になります。

SendEmail

メールアラートの有効/無効


初期値:true


falseに設定するとメールをなどが無効になります。

AlertMinutesB4Close

アラート期間


初期値:30


アラートが有効になる期間を設定します。


「nPips」は、値動きの反転を検出する閾値を設定するための項目です。


大きな値に設定すると矢印が表示される頻度が低くなり、小さな値に設定すると表示される頻度が高くなります。


「SendAlert」「SendEmail」は、アラートの有効/無効を設定するための項目です。


trueに設定するとアラートが有効になり、falseに設定すると無効になります。


デフォルトの状態では両方のアラートが有効になっているので、不要な場合はfalseに変更しておきましょう。


まとめ


「Stop_reversal_mod1」について解説してきましたが、ポイントをまとめると以下のようになります。


  1. 緑色の矢印はトレンドが上に転換した可能性を示唆している。

  2. 赤色の矢印はトレンドが下に転換した可能性を示唆している。

  3. 緑色の矢印が表示されたポイントのローソク足には青色のバーが表示される。

  4. 赤色の矢印が表示されたポイントのローソク足には赤色のバーが表示される。


「Stop_reversal_mod1」は、トレンドの転換を分析したい方に向いているインジケーターです。


アラート機能も付いているので、トレンドの転換を見逃したくない方は、試してみると良いでしょう。

関連記事