FXで何やっても勝てなくて、やったコト

2本のラインとACでトレンドの有無とエントリーのタイミングを表示するMT4インジケーター「The_Heavy」

更新日時:2019年09月13日 06:23

The_Heavyスクリーンショット


トレンドの方向とエントリーのタイミングを、同時に分析できるインジケーターがあればと考えたことはないでしょうか。


「The_Heavy」は、トレンドの有無を表示する2本のラインと、トレンド方向とエントリーのタイミングを分析するためのAC(Acceleration/Deceleration)で構成されるインジケーターです。


インジケータを起動するとサブウィンドウに、Lastという緑色のラインとPreviousという黄緑色のライン、その下部にACが表示されます。


「The_Heavy」の各指標の算出方法は以下の通りです。


中央値=(高値-安値)


AO=中央値の5期間単純移動平均-中央値の34期間単純移動平均


AC=AO-AOの5期間単純移動平均


last=「LastPeriod」期間中の高値-「LastPeriod」期間中の安値


previous=「PreviousPeriod」期間中の高値-「PreviousPeriod」期間中の安値


The_Heavyを表示する方法


まずはインジケーターを入手しましょう。下記リンクからダウンロードして下さい。

The_Heavyのダウンロード先は以下となります。


※幣サイトではなく別サイトへのリンクが開きます。


The_Heavy

↓↓↓↓↓インジケーターの導入手順が分からない方は↓↓↓↓↓

MT4のインジケーター追加(インストール)の手順を説明ページを作ってみました。追加(インストール)手順が分からないという方はご参考下さい。


MT4でインジケーターを追加(インストール)して使用する方法

これでThe_Heavyが表示されました。


The_Heavyのパラメーター解説


The_Heavyパラメーター画像


インジケーター挿入時または表示済みのインジケーターを右クリックで表示されるウィンドウの「パラメーターの入力」から設定できます。


「The_Heavy」のパラメーターは、「LastPeriod」「Previous」の2項目のみで、初期設定の値は「LastPeriod」が35、「Previous」が35に設定されています。


LastPeriod

Lastラインの高値/安値を検出する期間

PreviousPeriod

Previousラインの高値/安値を検出する期間


LastラインがPreviousラインより上で推移している場合は、相場にトレンドが発生している可能性を示唆しています。


LastラインがPreviousラインを上から下に抜いた場合、現在のトレンドが終わりつつあることを示唆しています。


インジケーターの開発者によると、「The_Heavy」はトレードの学習を目的としたインジケーターとのことですので、初期設定のままではうまく機能しない可能性もあるため注意しましょう。

XMはMT4から直接取引できます XMはMT4から直接取引できます

関連記事